神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年3月7日 エリアトップへ

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第一次派遣で大隊長を務めた 三善 幸夫さん 神奈川消防署副署長 60歳

公開:2024年3月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

地域の安全守り42年

 ○…緊急消防援助隊神奈川県大隊の第一次派遣の大隊長として能登半島地震の被災地へ。1月9日の早朝6時に出発し、車で14時間かけて現地へ。亀裂に入った道路や雪を見て「大変な活動になるぞ」と覚悟し、78隊284人の指揮を取った。土砂災害で家屋の痕跡すらない中、重機や手作業で土を掘り行方不明者の捜索等を実施。「何とかしたいというはやる気持ちを落ち着けて、細かく連携をとりながら活動した」と振り返る。

 ○…泉区の出身。「体を動かす仕事で社会の役に立てるから」と消防士を志した。最初の赴任地は中消防署。当時の中華街は火災も多く、「年に一度は署員総出で出動して。昼なのに真っ暗になるほどの煙は今も忘れられない」と回顧する。2020年に副署長として神奈川消防署に。「消防団の方々がとても協力的で。42年の消防生活で、改めて防災は住民の方々の協力あってこそと実感した」と長年の地域への感謝を口にする。

 ○…中学時代はバスケ部で汗を流した。スタミナに自信があり、中3では校内のマラソン大会で2位に。年齢を重ねた現在も、15年前に始めた週1回10キロのランニングは欠かさない。「体力は消防の基本だからね」と若々しい笑顔を見せる。2児の父で、家族ではよくスキーを楽しんだ。時は流れ、先日は初孫が誕生。「子どもの成長は早いなと。妻と早速おもちゃを買って、一緒に遊べる日が楽しみ」と感慨深く喜びを語る。

 ○…元日の震災に、「改めていつ災害が来るかは分からないと痛感した」と神妙な面持ちに。有事の際に大切なのは自助。「河川の有無や土砂崩れのリスクなど、身近な危険を事前に知り、いざという時の備えを万全にして欲しい」と防災への思いを口にする。

神奈川区版の人物風土記最新6

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

4月11日

福田 茂さん

4月1日付で神奈川消防団の団長に就任した

福田 茂さん

幸ケ谷在住 65歳

4月4日

小谷野 貴弘さん

南神大寺小学校の創立50周年記念事業実行委員長を務めた

小谷野 貴弘さん

神大寺在住 42歳

3月28日

竹内 一郎さん

能登半島地震の医療災害対策本部DMAT本部長を務めた

竹内 一郎さん

横浜市立大学附属病院勤務 51歳

3月21日

近藤 真さん

火災への適切な初期対応で、神奈川消防署から感謝状表彰を受けた

近藤 真さん

西寺尾在住 72歳

3月14日

三善 幸夫さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第一次派遣で大隊長を務めた

三善 幸夫さん

神奈川消防署副署長 60歳

3月7日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月29日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook