宮前区版 掲載号:2011年2月18日号
  • googleplus
  • LINE

宮前平グリーンハイツ 集会室で科学体験 住民有志らがボランティアで企画

教育

簡単にできる工作で科学の原理に親しんだ(今月12日)
簡単にできる工作で科学の原理に親しんだ(今月12日)

 理科離れが叫ばれる中、子どもに科学の楽しさを感じてもらおうと、宮前平グリーンハイツの住民有志らが団地内の集会室で科学体験イベント「科学の広場」を企画した。参加した児童や父母らの反響も上々で、住民らは来年度も実施を計画している。

 企画したのは同団地に住む笠井文生さん(38歳)と友人、住民有志ら。団地内の集会室を利用して1月8日から今月13日までの土日で計5回実施した。子どもたちは「セロハンテープで作るステンドグラス」や「いろいろスライム」など、短時間で作れる工作を楽しみながら科学の基本原理に触れた。国が行なっている地域向けの科学技術振興支援事業による助成金で材料費などをまかなうため、参加費は無料。笠井さんらは団地自治会の協力を得て、団地内の掲示板にチラシを貼るなどして呼びかけ、結果5日間で延べ100人を超える子どもが参加した。

 「教えるのではなく、あくまでも興味を持つきっかけづくりの場になれば」と笠井さん。同団地在住で小学生の子ども2人と参加した室田真紀さんは「身近な場所で気軽に楽しめるのがいいですね」と話す。笠井さんらは来年度分の助成金も申請し、認められれば同じ集会室で実施する予定だ。
 

宮前区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

多世代の「繋がり」創出を提案

第6期区民会議

多世代の「繋がり」創出を提案

3月16日号

「人種差別条例に刑事罰を」

市民団体

「人種差別条例に刑事罰を」

3月9日号

春の全国大会連覇狙う

川崎北高ダンス部

春の全国大会連覇狙う

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

76歳、「真の鉄人」へ

平在住堀内さん

76歳、「真の鉄人」へ

3月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク