宮前区版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

かわさき宙と緑の科学館 区内建設会社が施工 プラネタリウムに夢託す

露木社長(左から2番目)と同社施工担当者ら
露木社長(左から2番目)と同社施工担当者ら

 最新のプラネタリウムを備えた「かわさき宙(そら)と緑の科学館」(多摩区枡形7の1の2/生田緑地内)があす4月28日、オープンする。施工には区内野川の露木建設(株)(露木直義代表取締役)が共同企業体の一社として参画。同社では「川崎の新しい観光スポットに」と期待を寄せる。

 「子どもに夢を与えられるプロジェクトに参画できて大変嬉しい」と話すのは同社の露木直義社長。

 新しい建物は地上3階建て、延床面積は約2150平方メートル。自然体験や天文体験、科学体験をテーマに展示設備が一新され、最新鋭のプラネタリウムを備える。

 延べ9310人、7万4480時間をかけて施工した同建物には、水分量が通常より少なく、密度の高いコンクリートを使用、耐震性を高めた。同社建築部の田中実さんは「プラネタリウムのドーム型天井は、パネルの大きさが一枚一枚異なり、貼り付けるのに苦労した」と話す。露木社長は「近隣の藤子・F・不二雄ミュージアムとともに川崎の新たな観光スポットになってくれたら」と期待する。

 入館料は無料。プラネタリウム観覧料は一般400円、大学生・高校生・65歳以上200円、中学生以下無料。問合せは同館【電話】044・922・4731まで。
 

最新鋭のプラネタリウム
最新鋭のプラネタリウム

宮前区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

区役所移転の可能性探る

鷺沼駅周辺再編整備

区役所移転の可能性探る

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

地域の郷土文化を後世へ

映画プロデューサー小倉美惠子さん

地域の郷土文化を後世へ

2月9日号

大賞は「おかしな!?」一皿

みやまえC級グルメ

大賞は「おかしな!?」一皿

2月2日号

介護予防へ三師会連携

医師・歯科医師・薬剤師

介護予防へ三師会連携

2月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク