宮前区版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

中小企業に厳しい景況感 市産業振興財団が調査

 川崎市産業振興財団はこのほど、市内の中堅中小企業の経営実態をまとめた調査レポートを発表した。依然として厳しい景況感を抱いていることがわかった。

 調査は今年2月に市内の製造業、製造業関連の中堅中小企業2165社を対象に実施。476社から有効回答を得た。回答を得た企業の多くは、京浜臨海地区を支え、現在は円高や大手企業の海外シフト、後継者不足に直面しているという。

 1年後の受注状況を問う景況感について、「減少」「緩やかに減少」と回答したのは40・1%で現状よりも7・1ポイント減少。「増加」「緩やかに増加」と回答した企業は2割程度に留まり、依然として厳しい景況感を抱いているとした。

 今後の事業方針については「拡大を図る」が25・0%、「現状維持を図る」が60・9%、「縮小・撤退を図る」が12・2%だった。厳しい経営環境により縮小・撤退を余儀なくされる企業事情が想定されると分析した。

 受注拡大のために強化している取り組みは、「コストダウンのための技術力・生産管理能力」(41・0%)、「技術・ノウハウの開発や強化」(40・5%)、「営業・販売力」(38・1%)、「顧客・取引先からの情報収集」(35・1%)などが上位にあがった。

 調査では、大手企業や大学との連携、地域内での連携を通じた独自商品開発、新分野進出などを促進させた「差別化戦略」の確立を望んでいる。
 

宮前区版のトップニュース最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク