宮前区版 掲載号:2013年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市長選 3氏が立候補を表明 10月27日投開票

 10月13日告示、27日投開票の川崎市長選挙は、これまでに君嶋千佳子氏(63)と福田紀彦氏(41)、秀嶋善雄氏(44)の無所属の新人3人が立候補を表明している(表明順に記載/9月30日時点)。本紙の取材に対し、自らの政策を語った。

□□□□

 君嶋氏は札幌市出身。北海道大学経済学部を卒業後、民間企業を経て労働省(当時)に採用され、川崎市内や横浜市内などの各公共職業安定所に勤務。10年に定年退職し、現在は「新日本婦人の会中原支部」支部長を務める。今回の市長選では共産党が推薦することを決めている。

 本紙の取材に対し、君嶋氏は「子育て支援策を訴えていきたい。認可保育園の増設、中学校給食の実現、中学生までの医療費無料化について優先的に取り組みたい」と語った。

 福田氏は川崎市出身。米国ファーマン大学を卒業し、当時の衆議院議員松沢成文氏の秘書を経て03年に神奈川県議会議員(宮前区選出)に初当選した。2期目当選後、県議を辞職し、09年の市長選に出馬したが、次点に終わった。今回の市長選では政党からの支援や推薦は受けない。

 本紙の取材に対し、福田氏は「中学校給食の導入など、教育現場や子育て環境の改善に取り組みたい。区の権限強化を図る施策を展開し、自らは退職金を受け取らない」と語った。

 秀嶋氏は大分市出身。東京大学法学部を卒業後、自治省(当時)に入省。04年に川崎市健康福祉局病院経営管理室参事に就任し、06年に川崎市財政局長に就任した。その後、東京都教育庁地域教育支援部長などを歴任。今回の市長選では自民、民主、公明の3党が推薦を決めている。

 本紙の取材に対し、「介護保険や少子化対策などに取り組んでキャリアを生かし、子育て、若者、女性、高齢者に対する取り組みとして医療や福祉をしっかりやっていきたい」と語った。

 9月19日に開かれた説明会には3陣営のほか、匿名を希望する男性が出席した。

宮前区版のトップニュース最新6件

定員枠561人不足

川崎市認可保育所

定員枠561人不足

10月12日号

「菅生分館」3カ月半休館

「他機関を紹介」2%弱

地域みまもり支援センター

「他機関を紹介」2%弱

10月5日号

犬蔵SCからJ選手に

合葬墓で無縁化対策

市営霊園

合葬墓で無縁化対策

9月28日号

区内24団体が連携

コミュニティカフェ

区内24団体が連携

9月28日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初山が守り継ぐ「獅子舞」

7日 菅生神社例大祭で奉納

初山が守り継ぐ「獅子舞」

地域の絆、色濃く残る

10月7日~10月7日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク