宮前区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

鷺沼なかよし保育園 音読コンで準大賞 小規模施設が初応募で快挙

教育

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
読売新聞社賞を受賞した保育園の園長とスタッフ
読売新聞社賞を受賞した保育園の園長とスタッフ

 区内の民間保育園「鷺沼なかよし保育園」(小林美代子園長)が平成26年の「幼児からの音読コンクール」、団体の部・第2部門で「読売新聞社賞」を受賞した。主催は幼年国語教育委員会、後援は読売新聞社、登龍館。

 同コンクールは全国の保育園・幼稚園を対象に幼児の音読・朗読の推進となるよう行われている。今年は67団体が応募。年々レベルも高くなっているという。

 同保育園が応募した第2部門は、行事として取り組まれた朗読を映像や音声で録音したもので審査される。感情を込めて読んでいるか、スラスラと読めているかなどが審査基準となる。

 同保育園では記憶力と暗記力をつけるため2009年から朗読を取り入れている。日々の練習の成果を毎年12月のクリスマス会で発表している。応募は今回が初めてで昨年末のクリスマス会で朗読した「五十音」「学問ノススメ」の動画を送った。年少から年長まで皆で生きいきと朗読する姿や園の朗読しやすい仕組みのつくり方が評価され受賞に至った。

 定員60人規模の民間保育園の受賞は珍しいことだという。小林園長は「毎日の皆の頑張りが評価され嬉しい。これからも健やかに育てていきたい」と話した。
 

宮前区版のトップニュース最新6

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

新成人2287人

宮前区

新成人2287人 文化

時短3部制で式典

1月14日号

つながりテーマに記念事業

区制40周年

つながりテーマに記念事業 文化

式典は7月1日

1月7日号

地域再発見の1年に

新春インタビュー

地域再発見の1年に 社会

南区長、新年の抱負語る

1月7日号

「胎内仏」三が日初公開

影向寺

「胎内仏」三が日初公開 文化

代々伝わる女神・如来坐像

1月1日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook