宮前区版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

第2次市道路整備プログラム 事業遅延路線対応を強化 土地収用制度活用も視野

社会

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は「第2次市道路整備プログラム」の策定案に、事業遅延箇所への対応の強化を盛り込んだ。社会的損失を増大させる可能性のある場合は、強制力のある土地収用制度を活用することも視野に入れている。

 第2次市道路整備プログラムは、2016年度から25年度まで10年間の主要地方道に指定された幹線道路の整備方針を示したもの。

 第1次計画(08年度〜15年度)の結果を踏まえ、同プログラムでは「遅延により社会的損失を増大させる可能性のある工区については、土地収用法を適用し計画期間内の完成を目指す」とし、「土地収用制度等活用路線」として9工区を示した。

 土地収用制度は、公共事業の土地取得のために、通常起業者と土地所有者が話し合い任意契約を結ぶが、不調により任意で取得できない場合に、起業者が土地収用の決済を行う各都道府県の収用委員会に申請し、権利取得を図る制度。行政代執行も認められており強制力がある。

 第1次計画では、35工区の完成を計画していたが15年末時点で19工区にとどまった。完成遅延の16工区の平均経過年数は17年で、そのうち約8割にあたる13工区が用地取得の難航が原因。着手後10年以上経過している区間の総延長は6Kmを超えた。

 市は「補償額や土地の境界、また地権者と賃貸借契約者との契約などで折り合いがつかず、任意では限界がある。社会的損失を増大させる計画の遅れは、すでに協力をしてくれている地権者との不均衡をもたらす」とし、今回の法律の導入の理由を説明する。

 同プログラムでは、このほか整備推進路線30工区も公表。前期(16年度〜21年度)中に、「東京丸子横浜線」の全線開通や「溝口駅南口駅前広場」の完成が予定され、後期(22年度〜25年度)中には、「尻手黒川線」の全線完成のほか、「国道409号」の完成に向けた全区間着手に取り掛かるとしている。
 

宮前区版のトップニュース最新6

内定取消生 採用へ

(株)パスポート

内定取消生 採用へ 社会

新型コロナ受け

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

思い受け継ぎ45周年

菅生こども文化センター

思い受け継ぎ45周年 社会

開館時の児童、担い手に

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 社会

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

ベトナム企業と業務提携

サギヌマSC(スイミングクラブ)

ベトナム企業と業務提携 社会

プール貸与で進出拍車

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク