宮前区版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

川崎市菓子協議会青年部 三浦のコーンをスイーツに 市内6店舗で販売

経済

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena
完成した菓子をPRする山中さん
完成した菓子をPRする山中さん

 川崎市菓子協議会青年部(内藤雅一部長)は、三浦市の農家らの協力の下、自ら育てたトウモロコシを使用した菓子を考案し、6日から市内6店舗で販売している。4月から先月にかけて、種まきから収穫までをメンバーが行った”自前”の菓子だ。

 同協議会青年部は、市内で和菓子店を営む30代から50代までの後継者、14人で組織されている。

 トウモロコシの菓子作りのきっかけは県担当者から糖度の高い三浦のトウモロコシがあることを青年部の山中陽介さん(吉田屋/幸区)が聞いたこと。県が協力する和菓子の勉強会に同協議会メンバーが多数参加しており、山中さんら青年部メンバーは、県担当者と会った際に情報交換をしていた。山中さんは「トウモロコシを使った和菓子はあまり見かけたことが無く、客足の落ち着く夏場に目を引く商品が作れるのでは」と考え、ほかのメンバーに活用を提案した。 

 県担当者の知り合いの農業関係者から「より物語性のある商品作りができる」と自分たちで種から育てることを勧められ、三浦市の農家の協力を得て、4月から種まきなどをメンバーで行った。先月20日に約500から600本のトウモロコシを収穫し、6店舗がそれぞれ菓子を考案、7種類の商品が完成した。各店舗で8月6日から数量限定で販売されている。無くなり次第終了。

 山中さんは「当初はトウモロコシをどのように使えばいいのか戸惑う声もあったが、各店で工夫を凝らした菓子ができた。それぞれ違う味を楽しんで」と話している。

宮前区版のトップニュース最新6

内定取消生 採用へ

(株)パスポート

内定取消生 採用へ 社会

新型コロナ受け

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

思い受け継ぎ45周年

菅生こども文化センター

思い受け継ぎ45周年 社会

開館時の児童、担い手に

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 社会

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

ベトナム企業と業務提携

サギヌマSC(スイミングクラブ)

ベトナム企業と業務提携 社会

プール貸与で進出拍車

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク