宮前区版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

川崎市待機児童 新定義導入で 増加へ 産休・育休中331人対象に

教育

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内で保育を希望する待機児童について、市は10月1日時点の集計に厚生労働省が通知した「新定義」の適用を検討している。育児休業中でも復職の意思があれば、待機児童として集計されることになる。前回調査(4月1日時点)で「ゼロ」だった待機児童数は、増える見込みだ。

 今年3月に通知された厚生労働省の新定義では、親が育児休業中でも「保育所に入れれば復職したい」という意思がある場合に、待機児童に含めるとした。全国的な適用開始は来年4月から。

 川崎市の前回集計ではこの新定義は適用されておらず、申請をしたものの、保育所を利用していない「保留児童」は2891人だった。そのうち、「産休・育休中の申請者」は331人で、このうち何人が新たに待機児童として集計されるのかがポイントとなる。

 市こども未来局では、待機児童の一定数の増加を見込んでいるが、10月1日から法改正され、育児休業給付金の支給対象が1歳半から2歳までに延長した影響も出てくるのではないかと予測しつつ、「比較条件が前回と同じ環境ではないため、一概に増えるとは言い切れない」としている。

 次回の集計発表は11月中旬を予定している。

 市は2015年4月に続き、今年4月には2年ぶりに待機児童ゼロを達成していた。ただし、現行の定義では川崎認定保育園など「市の保育施策で対応している児童」や「産休・育休中の申請者」「第一希望のみ等の申請者」「主に自宅で求職活動を行う申請者」は待機児童には含まれなかった。

 市は毎年増加する利用申請者や多様化する保育ニーズに対応するため、認可保育所の整備を推進。今年4月時点で市内にある認可保育所324カ所に加え、来年4月から23カ所の開所を予定している。

宮前区版のトップニュース最新6

多世代交流でシニア応援

土橋在住西村さん

多世代交流でシニア応援 文化

地域包括センターと連携

11月15日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

女子プロ野球に入団内定

目指すは年間王者

北高ダンス部

目指すは年間王者 スポーツ

選抜大会で強豪と対決

11月1日号

自閉症の絵描き、NY(ニューヨーク)へ

宮前平在住佐藤楽音(がくと)さん

自閉症の絵描き、NY(ニューヨーク)へ 文化

個展開催に向け、支援募集

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク