宮前区版 掲載号:2018年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

川崎フロンターレ 連覇へ「より攻撃的に」 地元出身・齋藤選手が加入

スポーツ

活躍が期待される新加入選手ら
活躍が期待される新加入選手ら
 昨年、クラブ創設21年目で悲願のリーグ初優勝を遂げた川崎フロンターレ。連覇を狙うチームの2018年新体制発表会が1月21日、市内のカルッツかわさきで開催され、今年の方針や新加入選手が発表された。

 今年のクラブキャッチフレーズは『Go Sensational!(ゴー・センセーショナル)』。チームとファンやサポーター、スポンサー、地域が一体となって、日本からアジア、そして世界でセンセーション(衝撃)を起こすという意味が込められている。

 ステージに登場した鬼木達監督は「連覇はもちろん数多くのタイトルを取りに行く」と力強く宣言。チーム編成については、庄司春男GMが昨年のリーグ戦で1点以内の引き分けが多かったことに触れると、「うちは1―0で勝つチームではない。複数得点で圧倒しないといけない。今回は攻撃サッカーを推進するため、得点に絡む選手を中心に編成した」と強調した。

 今回新加入したのは、小気味の良いドリブルで攻撃の起点となる齋藤学選手、J1で前人未到の200ゴールをめざす大久保嘉人選手ら7人。選手が登場すると会場からは大きな拍手が送られた。

 横浜Fマリノスから移籍した齋藤選手は幸区出身で日吉小、塚越中、市立川崎高を卒業。齋藤選手は「今までライバルとして多くの試合をしてきたが、まさか自分がこのユニフォームを着るとは思わなかった。このチームで4冠をめざしたい。しっかりケガを治してチームの力になり大きく成長したい」とあいさつ。FC東京から1年で復帰となった大久保選手は「1回チームを出て(フロンターレのことが)やっぱり好きなんだなと。戻って来れてすごく嬉しい。タイトルを取りたい」と連覇を誓った。

 チームは明日から沖縄で2次キャンプに入る。今季の初戦は富士ゼロックススーパーカップ。試合は2月10日(土)、埼玉スタジアム2002でセレッソ大阪と対戦する。

サポーターとハイタッチする齋藤選手
サポーターとハイタッチする齋藤選手

宮前区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

区役所移転の可能性探る

鷺沼駅周辺再編整備

区役所移転の可能性探る

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

地域の郷土文化を後世へ

映画プロデューサー小倉美惠子さん

地域の郷土文化を後世へ

2月9日号

大賞は「おかしな!?」一皿

みやまえC級グルメ

大賞は「おかしな!?」一皿

2月2日号

介護予防へ三師会連携

医師・歯科医師・薬剤師

介護予防へ三師会連携

2月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク