宮前区版 掲載号:2018年5月18日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿 宮前区内の都市計画道路の整備率は今! 〜道路整備は渋滞解消への道筋〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2018年5月18日号

  • LINE
  • hatena

 都市計画道路の新設計画はあれども、なかなか整備が進まない道路を見受けます。早く開通すれば、周辺の渋滞も改善するはずです。それでは何故、何年も計画があるにも実現せず、そのままになっているのでしょう。川崎市の都市計画道路の整備は、「第2次川崎市道路整備プログラム」(平成28年度から平成37年度)によって計画的に、整備されています。

 本市の都市計画道路計画延長は全体で305キロ余に及びます。平成30年4月現在の完成延長は208キロ余で、進捗率は68%となっています。その内、宮前区内の計画延長は42キロ700メートルに対して完成延長は37キロ345メートルとなっています。進捗率は実に市内1位の87%と高くなっています。

 計画に位置づけられても遅れているケースもあります。市道横浜生田線の水沢工区もその一例です。場所は、清水台交差点から横浜方向に進み、北部市場を右手にして進んだ急カーブから先の菅生緑地に隣接する箇所です。開通すれば、たまプラーザ駅に直結する、効果抜群の道路となります。計画では、第1次道路整備プログラムにも位置付けられながらも、遅延している箇所です。水沢工区は、市境のため横浜市と協議を重ねてきました。横浜市における地元住民への説明は、何度も行われてきました。市境道路のため事業を推進するには、近隣住民の理解を得る必要があり、行政による協議・調整が課題となっています。第2次道路整備プログラムでは、平成33年度までに着手・完成となっています。

 清水台交差点の渋滞は、交差点改良で一定の改善は図られましたがまだ、十分とは言えません。慢性的な渋滞は、生活環境に悪影響をもたらします。特に事故を誘発するなど、安全にも関わる問題です。予算上、道路整備にあっては、進捗等も踏まえた整備箇所の選定も理解しますが、交通量の多いボトルネック解消を優先すべきだと考えます。議会から引き続き、区内の道路整備の必要性を訴えてまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹595-1

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「空き家対策」待ったなし!川崎市の現状と課題について

市政報告Vol.30

「空き家対策」待ったなし!川崎市の現状と課題について

川崎市議会議員 矢沢たかお

4月3日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!川崎市の新型コロナウイルス対策!

新型コロナから集団感染を防ごう!

宮前ガバナンス3月号 連載寄稿

新型コロナから集団感染を防ごう!

〜川崎市の対策は今〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

3月20日号

パートナーシップ宣誓制度検討へ

パートナーシップ宣誓制度検討へ

川崎市議会議員 石川けんじ

3月6日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!令和2年度予算案を読み解く!

宮前区内道路の渋滞対策を求め!

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

宮前区内道路の渋滞対策を求め!

〜児童を守る交差点の改良と共に〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク