宮前区版 掲載号:2018年7月27日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

社会福祉法人三神会『フレンド神木』 後悔しない施設選びに 「どんな生活を送ってほしいか」のイメージを

 川崎市内の特別養護老人ホームの申請方法が変更される。希望する5施設までの申請が可能だが、どのように選べば良いのか―― 。

 特別養護老人ホーム「フレンド神木」の井田渉本部長は「ご家族の状況やニーズの違いによって施設の選び方は様々ですが、『入居後、ご利用者様にどのような生活を送ってもらいたいか』をイメージしておくことが大切です」と話す。

 施設の方針によって、ケアの方法などにも特長がある。見学はもちろん、電話で問い合わせてみるのも一つの手だ。「実際に足を運ぶとご利用者様の居心地の良さやスタッフの応対、施設の雰囲気を体感しやすい」と井田さん。また、家族の通いやすさもポイントのひとつ。駐車場の広さや公共交通機関でのアクセス方法をチェックしておくと良いという。

 希望5施設をピックアップするのは手間がかかるが、なるべく納得のいく施設を申請しておくことも大切だ。井田さんは「希望度合の低い施設から入居可能と連絡があった場合、迷ってしまうこともある。納得して選んでおけばそれだけ入居もスムーズになるのでは」と話す。

フレンド神木での取組

 フレンド神木では、高齢者の『第2の家』として“あたりまえの変わらない暮らし”を支援している。自宅で暮らしていた生活をなるべくそのまま施設でも送ってもらうという方針だ。

 特徴的なのが排泄ケア。「ご利用者様の尊厳を大切にしたい」との想いから、可能な限りトイレでの排泄を続けていくケアの方法を採っている。

 より質の高いケアを目指して、この夏からトイレのタイミングを知らせてくれる機器「ディーフリー」を導入する。「トイレに行っても出ない、トイレに間に合わなかったということを減らし、ご利用者様の負担軽減につなげたい」と井田さん。

 利用者に寄り添ったケアにスタッフ一丸で取り組んでいる。

社会福祉法人三神会 特別養護老人ホーム フレンド神木

神奈川県川崎市宮前区神木本町5-12-15

TEL:044-871-2010

http://sanshinkai.or.jp/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

5月17日号

院内感染予防への取組強化、安全安心の治療を

研磨ブラシの使い捨て化・自動医療器具洗浄器の活用

院内感染予防への取組強化、安全安心の治療を

5月17日号

「健康診断で便潜血陽性…どうすれば?」

大腸内視鏡検査で早期発見を シリーズ【12】

「健康診断で便潜血陽性…どうすれば?」

5月17日号

補聴器のヒヤリングストア

認定補聴器専門店

補聴器のヒヤリングストア

5月17日号

家、食べられてない!?

1800種のバラ見頃

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク