宮前区版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

ひまわりサロン 被災者ら、新たな門出 8年の支援に区切り

社会

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena
再会を喜ぶ参加者ら
再会を喜ぶ参加者ら

 東日本大震災の被災者らが入居する宮崎台の公務員宿舎で開かれていた支援拠点「ひまわりサロン」(運営/ようこそ宮前区へ実行委員会)が先月26日の解散式をもってその役目を終えた。2011年から日用品の提供や情報提供を通して支援を続け、被災者らの憩いの場にもなっていたが、入居者が減ったことを機に区切りをつけた。

 民生委員や地区社協、子育てグループらの手で運営してきた「ひまわりサロン」。当初30世帯程が入居していた宿舎も、現在は4世帯のみとなった。

 解散式には同サロンに通っていた8人の被災者や20人以上の運営メンバーが参加。転居した人も訪れ「元気だった?」と声を掛け合い、再会を喜んだ。運営に携わってきた目代由美子さんは「解散というよりは卒業。皆さん新しい生活基盤ができてきた証拠」と話す。式では宮崎中合唱部が復興支援ソングなどを披露し、新たな門出を祝った。

 福島県南相馬市から避難してきた本間恒子さん(81)はひ孫を連れて会場を訪れた。「この子(ひ孫)が生まれて1カ月で家が流された。振り返ると辛いが、サロンで支援していただき救われた」と話す。宮城県石巻市で被災し、現在は東有馬に住む溝渕ウメ子さん(76)は「地域のお祭りにも参加させてもらった。いただいた物を今も大切に使っている」と感謝する。

 今後も宮前区で暮らし続ける人も多い。目代さんは「忘れないことが一番の支援。困りごとがあればいつでも相談してほしい」と話した。

宮前区版のトップニュース最新6

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

「おさがり」で交流づくり

自主保育BBだん

「おさがり」で交流づくり 社会

子育て世代向けバザー

5月7日号

子育て「寛容な心で」

子どもの日インタビュー

子育て「寛容な心で」 教育

子フェスタ実行委長に聞く

4月30日号

私立中進学率 17.8%

宮前区

私立中進学率 17.8% 教育

14年で7ポイント減少

4月23日号

「ナラ枯れ」が拡大

東高根森林公園

「ナラ枯れ」が拡大 社会

約100本に痕跡、14本を伐採

4月23日号

半世紀ぶり制服改定

菅生中学校

半世紀ぶり制服改定 教育

生徒主体にデザイン決定

4月16日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter