宮前区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

「市民100人」の本紹介 区内「まちかど」から全市へ

文化

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena
親子で絵本を眺める姿も
親子で絵本を眺める姿も

 川崎市内全7区の10代から70代までの各世代が選んだ本を展示する「まちかどライブラリー」が鷺沼駅前で14日に開かれた。主催は宮前まち倶楽部とさぎ沼商店会。市の「いろいろブックフェア第4弾」の特別企画として実施したもの。「次世代に伝えたい本」をテーマに今回初めて市民が選書した。99人が選び、「100人目はあなた」という趣向だ。ブックフェアでは、各区民が選んだ本を各区の図書館や書店で紹介する取組なども行われた。

 市民による選書は宮前まち倶楽部が定期的に開催している「まちかどライブラリー」にアイデアを得たもの。「誰でも参加しやすく、楽しく共有できるものは何か」と考案して実現した企画だ。

 一昨年秋に初開催し、市民が持ち寄った絵本の読み聞かせを行った。昨年3月には規模を拡大して実施。市民一押しの本にコメントを添え、平置きして紹介した。その様子を市職員が見て、市の事業に取り入れたいと申し出た。同団体の辻麻里子さんは「宮前区から全市に広がったのは嬉しい」と話す。

 宮前区からは区内在住の小倉美惠子さん著「オオカミの護符」や、小田嶋満区長推薦の「夏の庭」(湯本香樹実著)などが展示された。

宮前区版のトップニュース最新6

初の多世代交流イベント

全町連・川崎フロンターレ

初の多世代交流イベント 文化

住民・企業・行政が連携

9月13日号

初の「英語」 親しみ重視

市立小教科書

初の「英語」 親しみ重視 教育

市、13教科採択 次年度から

9月13日号

助成金低調、利用2割弱

川崎市ブロック塀撤去

助成金低調、利用2割弱 社会

制度の周知進まず

9月6日号

地域の足、15年越しの実現

白幡台・初山地区など

地域の足、15年越しの実現 社会

10月、買物送迎バス運行へ

9月6日号

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月30日号

地域がつながる食堂開店

宮崎台

地域がつながる食堂開店 社会

大学生が企画・運営

8月30日号

障害者と共に舞台20年

しあわせを呼ぶコンサート

障害者と共に舞台20年 社会

ドイツ語で『第九』を合唱

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク