宮前区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

新時代、開発控える宮前区 鷺沼駅前など3つの計画

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
再開発予定の鷺沼駅前
再開発予定の鷺沼駅前

 令和元年を迎えた。宮前区は区民の生活に影響がある「鷺沼駅前再開発」「向ヶ丘遊園跡地利用計画」「横浜市営地下鉄の延伸」の3つの開発を控えており、新しい時代に大きな変化を遂げようとしている。

区役所など移転

 鷺沼駅前再開発は、今年3月末に川崎市が「公共機能に関する基本方針」を策定し、区役所、市民館、図書館の3つの公共施設の移転が決定した。東急電鉄など地権者による再開発準備組合が詳細な検討を進めていく。

 今年度は環境アセス、都市計画の手続きがあり、ビルの階数や高さなどが明らかになる。2021年度から順次工事が着工される予定だ。

 駅前街区(現バスロータリー側)に整備される市民館・図書館は、25年〜26年度に供用開始を予定。今年度中に市民意見を聴取しながら基本計画策定に向けた検討を進めるとしている。北街区の区役所は28年〜30年度に供用開始予定。

 また、現区役所などの跡地を新たな用途で活用するのは区役所移転完了後の予定。22年度をめどに基本的な考え方を定めるとしている。

地域活性化に期待

 生田緑地に隣接する向ヶ丘遊園の跡地利用について、小田急電鉄が昨年11月に計画を発表。自然体験、商業施設、温浴施設の3エリアを軸にした計画で23年度の完成をめざしている。向丘地区の活性化などに期待する声も多く、宮前区側からのバスアクセス向上や出入り口なども検討されている。

区民待望の新駅

 横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野駅(青葉区)から新百合ヶ丘駅(麻生区)までの延伸が事業化決定された。30年の開業をめざしている。川崎市側を走るルートが3案示されており、川崎市はその中から宮前区側の「東側ルート」を最有力としている。3案は新駅の場所が異なり、東側ルートの新駅はヨネッティー王禅寺付近を想定。宮前区内の新駅設置ではないが、現状鉄道3駅しかない宮前区にとっては東側ルートが切望されている。ルート決定は今年度中。溝口駅方面を活用していた向丘エリアの住民の足に変化がありそうだ。

遊園跡地の温浴施設のイメージ
遊園跡地の温浴施設のイメージ

宮前区版のトップニュース最新6

計画策定「見える化」へ

新 市民館・図書館

計画策定「見える化」へ 文化

区民意見を反映

10月11日号

来秋から4年間利用休止

西長沢公園

来秋から4年間利用休止 スポーツ

スポーツ会場不在の危機

10月11日号

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇)

犬蔵在住木戸修さん

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇) スポーツ

県ボウリング代表の名将

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

10月4日号

思い出の神輿、譲渡へ

市営高山団地自治会

思い出の神輿、譲渡へ 文化

高齢化で担ぎ手不在

9月27日号

値上げ難航、経営影響も

市バス運賃

値上げ難航、経営影響も 社会

市、資金不足19億円の試算

9月27日号

市内1,700店で始動

キャッシュレス決済還元

市内1,700店で始動 社会

市、観光活用へ導入促進

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク