宮前区版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

タウン探偵団ファイル2 峠茶屋はどこに?

文化

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
今も多くの客で賑わう。2階は以前の名残だとか
今も多くの客で賑わう。2階は以前の名残だとか

 国道246号線沿い、横浜市青葉区との境にある交差点名「峠茶屋前」。交差点からあたりを見回してみても、茶屋どころかカフェすら見当たらない。前回に引き続きエージェントTが調べた。

 ここは大山街道とも呼ばれ、古くは大山詣りで賑わったであろう通り。大山詣りに向かう人々の疲れを癒す、有名な茶屋でもあったのだろうか。

 宮前警察署に聞くと、「現在コンビニの場所に昔ドライブインがあって、そこから名付けられたようだと聞いている。1973(昭和48)年に信号機がついたので、その時に交差点名も一緒に付けられたかと」。交差点名は地域住民に案を募るらしい。

 なお直接コンビニに足を運び聞いてみたが、情報はつかめず。しかし駐車場の一角に「皆川園」という植木屋の看板が。こちらに直接話を聞いた。

 話を聞かせてくれたのは、社長の皆川善康さん(65)。戦前から続く植木屋の三代目。コンビニに土地建物を貸していて、古くは植木畑だったという。そこに善康さんの祖母にあたる故ムツエさんが、パンや牛乳を売る小さな店舗を構えた。そして善康さんが小学生の頃に母のキミエさんが、ドライブインを開いた。「たぶん、東京から初めての大型車を停められるドライブインだったんじゃないかな。繁盛していた覚えがあるよ」と善康さん。交差点名はちょうどそのころに付けられ、「え?茶屋ってうちの事かと大層驚いた」と、笑いながら話してくれた。

 インターネット上などでも数々の不思議の声が上がっている「峠茶屋前」。「ドライブイン前」でも良かったのではと思いつつ、今では綺麗に整備された道にも眠る歴史の深さと、粋な名前を付けた計らいに感心させられた一件だった。
 

皆川園の初代・善太郎さんと、ムツエさん夫婦
皆川園の初代・善太郎さんと、ムツエさん夫婦

宮前区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第13回『結膜炎はうつりますか?』

7月23日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

馬絹古墳公園 園名板の謎

タウン探偵団 ファイル22

馬絹古墳公園 園名板の謎 社会

7月2日号

宮前歴史探訪記

連載第八回

宮前歴史探訪記

向丘の交通【8】 輸送力の増強

7月2日号

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平和な未来のために

平和な未来のために

市民館で原爆展 6日から

8月6日~8月11日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter