宮前区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

区内初 中学野球クラブ始動 石倉さん、地元仲間らと

スポーツ

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
練習を見つめる石倉監督(右)と高橋コーチ
練習を見つめる石倉監督(右)と高橋コーチ

 今春設立した宮前区内初の中学生野球クラブチーム「川崎宮前ドリームス」=石倉周監督(28)=が、本格的に活動をスタートさせた。石倉監督らが地元の野球仲間とともに立ち上げたが、部員数はまだ4人。全国制覇した経験とネットワークを糧に、大きな夢と白球を子どもたちと追っていく。

 石倉監督らは、区内初となる中学生野球のクラブチーム「川崎宮前ドリームス」を設立。昨年12月に区内で少年野球に関わる人たちにあいさつ回りを済ませ、新年の体験会には初回から50人が集まった。しかしコロナ禍のため体験会はおろか練習もできないまま、緊急事態宣言解除後にようやく本格始動した。

文武両道めざす

 小学生チームの子どもも受け入れ、二子第1球場や日本精工グラウンドなどで金土日曜と祝日に練習。他の平日2日は筋力トレーニングと、教員免許を持つ監督自ら勉強も教える。「野球と勉強のバランスも大事。進路の選択肢が広がるといい。またグラウンドの上だけだと師弟関係になってしまうが、互いに一人の人間としてつきあえる関係も構築できる」と石倉監督は利点を挙げる。

応援続々と

 市内外で少年野球の指導にあたってきた石倉監督。声掛けにすぐに応じたのが、少年野球選抜チームのコーチをしていた高橋直樹コーチ(28)=犬蔵出身。中学時代に日本一に2度輝いた青葉緑東シニアで、ともに汗を流した盟友だ。高橋さんの指導したチームの後輩や高橋さんの大学時のチームメイトなども続々と集まった。支援は続き、中学や大人の草野球チームに交じっての練習試合も行っている。

 高橋コーチは「部員数は4人と少ないが、だからこそできる事もある」と前向き。一人ひとりにきめ細かな指導が行き渡る。指導法は子どもたちが惑う事のないよう全員で共有。練習の意味と目的を、子どもに分かるよう説明を徹底する。指導陣は練習法について夜中まで議論を交わすこともあるという。

 『目標は日本一、目的は人材育成』をチームで掲げる。石倉監督は「一生懸命に挑戦した事はいつか必ず財産になる」と話す。まずは来春に部員増員、その先の夢へと邁進する。=中面に関連記事・人物風土記
 

宮前区版のトップニュース最新6

「ご近助さん」を事業化

宮前区予算案

「ご近助さん」を事業化 社会

つながりづくり拡充へ

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位

【Web限定記事】

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位 スポーツ

男子ジュニアで日本人初

2月19日号

吉野君 二子山部屋入り

【Web限定記事】野川中出身

吉野君 二子山部屋入り スポーツ

向の岡工高から、5月場所デビューへ

2月19日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

地域への思い冊子に

平瀬川

地域への思い冊子に 文化

協議会が特別号作成

2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク