宮前区版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

東高根森林公園 「ナラ枯れ」が拡大 約100本に痕跡、14本を伐採

社会

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
伐採を告知する張り紙と燻蒸している樹木=3月同公園
伐採を告知する張り紙と燻蒸している樹木=3月同公園

 カシノナガキクイムシ(以下カシナガ)の媒介する菌によって集団的に樹木が枯れる感染症『ナラ枯れ』の被害が、川崎市内で拡大している。東高根森林公園では燻蒸対応するなど、5月からのカシナガの飛散時期に備えている。

 東高根森林公園の職員によると、昨年9月の調査で公園内の約100本にカシナガの入った痕跡が見られたという。その中でも状態がひどく、立ち枯れているのは20本ほど。コナラの多いピクニック広場に被害が多かった。県の予算でそのうち14本を2月から3月にかけて伐採し、2週間ほど燻蒸して廃棄した。

 カシナガは古い大径木を好み、5月から10月に飛散する。感染樹木は紅葉シーズンを前に赤く枯れ、根元には虫が穴を空けた際に出るフラスと呼ばれる木くずが散乱しているのが特徴。景観への影響もあることから「被害が広がらないのが一番だが、これくらいしか対応できない」と話している。

 市みどりの保全課によると市全体では、昨年秋に確認したカシナガによる被害とみられる樹木は約700本。8月末から発見報告が爆発的に上がり、市北部、特に生田緑地(多摩区)に被害が多く見られたという。

 市は緑地の保全活動をしている団体等と協力し、「カシナガホイホイ」などの殺虫剤などで対策に当たった。しかし予防策は取りようがなく、被害により枯死した樹木の倒木が増加することも想定しなければならないという。公園利用者は「安全のための伐採は致し方ないが、その分植林もしてくれたらうれしい」と話している。

 ナラ枯れは全国的に古くから発生記録があり、数年で終息したとされているが2000年頃から拡大。県では17年に箱根町などで確認され、市内では18年に生田緑地を皮切りに拡大の一途を辿っている。
 

宮前区版のトップニュース最新6

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

「おさがり」で交流づくり

自主保育BBだん

「おさがり」で交流づくり 社会

子育て世代向けバザー

5月7日号

子育て「寛容な心で」

子どもの日インタビュー

子育て「寛容な心で」 教育

子フェスタ実行委長に聞く

4月30日号

私立中進学率 17.8%

宮前区

私立中進学率 17.8% 教育

14年で7ポイント減少

4月23日号

「ナラ枯れ」が拡大

東高根森林公園

「ナラ枯れ」が拡大 社会

約100本に痕跡、14本を伐採

4月23日号

半世紀ぶり制服改定

菅生中学校

半世紀ぶり制服改定 教育

生徒主体にデザイン決定

4月16日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter