宮前区版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

宮前スポーツセンター ボルダリング壁を刷新 館長「五輪競技を楽しんで」

スポーツ

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena
リニューアルしたボルダリングウォール
リニューアルしたボルダリングウォール

 犬蔵の宮前スポーツセンター(指定管理者=フクシ・ハリマ・スポ協共同事業体)に設置されているボルダリングウォールが、東京五輪を前に個室へと移設・刷新され、6月から利用再開となる。これに伴いトレーニングルームの機器が増設されるなどリニューアル。同館は、運動を通しての地域コミュニティの場をめざす。

 ボルダリングウォールは5年前に同館に設置された。今までトレーニングルームにあったものを刷新し、隣のプレイルームがあった個室に移設。高さ3メートル・横5メートルほどで、難易度に合わせて現在10コースが設定されている。利用者の提案により、使用されるほどに、さらにコースは増えていくという。同館の安昌俊館長は「スポーツクライミングがオリンピック種目に追加され、注目も集まっている」と期待を込める。

 ウォールは感染症対策として、1グループ3人までの予約制で、トレーナーがつく。大人220円で利用でき、初回は講習会の受講が必要。予約制の体験会も予定している。

地域のいこいの場に

 ウォールが移設されたことにより、空いたスペースを活用してトレーニングルームに新しく機器が増設された。車いす利用者も利用できる、ワイヤーで上半身を鍛えるケーブルコラムや、公共施設としては珍しいというステップミルなど、計13台が追加となった。

 トレーニングルームは区だけでなく市内外誰でも利用可能。初めての利用でも、常駐するトレーナーの説明を聞けばすぐに利用できる利便さから、平日の午前中も賑わいを見せている。

 週に2、3回足を運ぶという岸本弘明さん(74・南平台)は「リタイアしてからずっと通っている。肩こりがなくなった」、中濱博さん(72・菅生)は「健康維持に通っており、体重も維持できている」、多摩区から通う元ボディビルダーの福井広明さん(75)は「中々ない充実した施設」と話し、交流が生まれていた。

 「目指すのは地域コミュニティの憩いの場。絶えず運動を続けてほしい」と岡村奈津子副館長は希望を語った。
 

トレーニングルームで汗を流す利用者
トレーニングルームで汗を流す利用者

宮前区版のトップニュース最新6

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

ママ社員発 産褥(さんじょく)支援

(株)ボディスプラウト

ママ社員発 産褥(さんじょく)支援 社会

矯正下着を無償提供

6月11日号

野川発 世界へ

アニメ制作会社

野川発 世界へ 文化

子ども思い CFで

6月4日号

地域巡る「お不動さん」

神木山等覚院

地域巡る「お不動さん」 文化

風習伝え、今年も馬絹に

6月4日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

ワクチン予約をサポート

ノジマ宮前店

ワクチン予約をサポート 社会

無償支援、地域のために

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter