宮前区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

【Web限定記事】川葬協 ろうそくで障害者支援 茨城・取手市と協定

社会

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
26日、取手市で行われた贈呈式=組合提供
26日、取手市で行われた贈呈式=組合提供

 市内の葬儀社らが加盟する川崎葬祭具協同組合(齋藤隆理事長)は7月26日、茨城県取手市の障害者福祉施設へ使用済みのろうそく184キロを寄贈した。

 取手市では障害者就労支援の一環として、使用済みろうそくを材料とした「着火剤」を手作業で製造、商品化している。しかし、高需要に見合う分のろうそくが確保できず生産が制限されており、それを知った齋藤理事長が協力を決めた。寄贈されたろうそくは、施設が1年かけて集める量に相当するという。

 取手市で行われた贈呈式には同組合顧問の橋本勝川崎市議会議長や藤井信吾取手市長らも出席。齋藤理事長は「通常、葬儀で使用されたろうそくは廃棄されるもの。それが障害者支援になり、SDGsや循環型社会の取り組みに寄与できるなら」と話し、今後も無償提供する協定を取手市と結んだ。橋本議長は「施設で作った商品を地元市民が購入する一連の流れは、川崎市も見習う必要がある」とコメント。

 同組合は翌27日、関係業者から広くろうそくを募ろうと、川崎市の火葬場に回収ボックスを設置する要望書を市に提出。安定的な供給や新たな需要にも対応していきたい考えだ。

贈呈式に出席した橋本議長(左)と藤井取手市長=組合提供
贈呈式に出席した橋本議長(左)と藤井取手市長=組合提供
組合情報はこちら
組合情報はこちら

宮前区版のローカルニュース最新6

甘美なトンネル 今年も

県立東高根森林公園

甘美なトンネル 今年も 文化

キンモクセイが開花

9月17日号

秋のとんもり谷戸を歩く

秋のとんもり谷戸を歩く 文化

まちづくりウォーキング

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 社会

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook