宮前区版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

日本精工鷺沼運動場 昭和大が土地取得へ 市民に開放「暫定で継続」

社会

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 日本精工鷺沼運動場の利用について、市は譲渡先の昭和大学側と意見交換を進めている。施設開放や環境配慮など「市民の声」を要望。新たな土地利用の決定までは、区民へのグラウンド開放が継続される見込みだ。

 日本精工(株)が保有する運動場は敷地面積3・6ヘクタール=写真。地域貢献の一環として、2006年から一部グラウンドを開放。現在はコロナ禍で利用は停止しているが、区民の生涯スポーツの振興に寄与してきた。

 経営資源の有効活用を模索する同社は、首都圏の施設再編の検討を進める同大学と、用地譲渡に関して協議。4月末には学校法人に譲渡することが公表され、6月議会で学校法人名が明らかになった。引き渡しは10月29日予定だという。

 これを受け、市は大学側に地域貢献の継続や環境配慮などを要望。市担当者は「施設開放は暫定的に了承された。鷺沼再開発との相乗効果も含め、今後も宮前区全体の活性化を考えて交渉していきたい」と話す。

「薄墨桜を守って」

 ボランティア団体「鷺沼にんじんクラブ」(中村昭子代表)は、約20年前に同運動場に植樹した薄墨桜の保全を求めている。「親株は『日本3大巨桜』の一つ、岐阜県本巣市にある樹齢1500年の一本桜。由緒ある桜なので、移植でもいいから保存してもらいたい」と思いを話す。

 大学の担当者は「詳細についてはこれから検討するが、地域に愛される大学として、将来の土地利用について考えていきたい」と前向きな姿勢を示している。

宮前区版のトップニュース最新6

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

舞床さんが中学最高賞

伊藤園俳句大賞

舞床さんが中学最高賞 社会

宮崎中3年 全国51万句から

11月26日号

市場で経済支援講演会

川崎市

市場で経済支援講演会 経済

補助金活用、事例を紹介

11月19日号

「児童交流の場」閉店へ

文具・雑貨店たんたん

「児童交流の場」閉店へ 社会

11月末、ネットは継続

11月19日号

創部11年で全国初V

ダンスクラブはるいずむ

創部11年で全国初V スポーツ

動画で意識強化 念願叶う

11月12日号

「連携の場」通じ課題解決へ

宮前区

「連携の場」通じ課題解決へ 社会

市民活動支援 平場で議論

11月12日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook