神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2023年5月26日 エリアトップへ

有馬の飲食店 子ども食堂 客が支援 初開催はおにぎりづくり

コミュニティ社会

公開:2023年5月26日

  • X
  • LINE
  • hatena
亀井さん(右)におにぎりの作り方を教わる親子
亀井さん(右)におにぎりの作り方を教わる親子

 有馬の飲食店「まめそら食堂」で5月22日、子ども食堂が初めて開催された。子どもの食事代は、子ども食堂を応援する客が購入したチケットで支援する仕組みだ。地域の子どもと大人がゆるやかにつながる場を目指す。

 子ども食堂は、無料や安価で、食事や居場所を地域の子どもたちに提供する活動のこと。同店の子ども食堂は、地域で活動する100人の話を起点に人と人繋ぐコミュニティ活動「100人カイギ」がきっかけ。カイギのメンバーと、店主の亀井裕子さん(51)が「やってみたい」と話す中で実現させた。

 初回は「おにぎりを作ってたべよう」をテーマに開催。カイギのメンバーらも周知に協力し、午後5時頃から1時間半の間に、親子など4組が訪れた。大人も子どもも、亀井さんが教える方法で、米を丸や三角の形に握って塩むすびを調理。地場野菜などを使った豚汁とともに、できたての味を楽しんだ。母親と訪れた6歳の女の子は「初めて自分でおにぎりをつくった。おうちでもつくりたい」と話した。

チケットで交流

 費用には、1口1000円で子ども3人分の食事代として充てる「夢チケット」を利用。応援者からのメッセージが書かれたされたチケットの裏に、子どもたちは将来の夢を自由に記入。書かれたものは店内で閲覧できる。亀井さんは「子どもとのつながりが、応援してくれる人にも見えれば」と思いを語る。

 今後は月に一度の開催を目指す。「楽しい時間をみんなで過ごせるようになれば。困りごとがあればつなげることができるように、扉を開けておく役割なのかと思う」と亀井さんは話している。

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

夕夜におしゃべり

鷺沼駅前

夕夜におしゃべり

20代企画の酒なし社交場

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

食品購入費も対象に

町会応援補助金

食品購入費も対象に

会員の声受け、制度改正

6月7日

運転手不足で144便減

市バス

運転手不足で144便減

鷲ヶ峰営業所管内 10日から

6月7日

市内産梅、出荷始まる

市内産梅、出荷始まる

6月下旬まで

5月31日

川崎版「うんこドリル」誕生

市制100周年コラボ事業

川崎版「うんこドリル」誕生

「子どもの権利」楽しく解説

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook