神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2023年10月20日 エリアトップへ

市政報告【2】 一時保育にも多子世帯支援の拡充を 日本維新の会 高戸ともこ

公開:2023年10月20日

  • X
  • LINE
  • hatena

 先日閉会した第4回川崎市議会定例会で、来年度から多子世帯支援が拡充されることが決まりました。【1】利用調整基準を見直し、きょうだい同一園の入所機会を拡充、【2】第2子を半額、第3子以降を無償にする多子世帯の保育料減免について、きょうだいの年齢や所得、利用施設などの条件を撤廃し、全世帯を対象とする――というものです。特に【2】については、関東の政令指定都市に先駆けて実施されます。

 これまで、地域のパパ・ママからも「年齢制限をなくしてほしい」という強い要望をいただいており、公約としても実現を訴えてました。第2子、第3子を、上の子の年齢に関わらず産み育てる選択肢ができることは、本市にとっても大きな一歩と感じます。

 一方で、一時保育利用についても多子世帯減免の拡充が必要ではないでしょうか。

 一時保育とは、保育所に入所していない子どもを対象に、保護者が就労や病気、冠婚葬祭のほか、リフレッシュなどのため週3日以内または月64時間に満たない範囲で、一時的に保護者に代わって預かるものです。未就学児の親の孤立対策にもなる重要な制度ですが、上の子が通う保育所を同時利用する場合、下の子の一時保育利用料金が減免されます。年齢制限で利用を諦める声も聞かれる中、一時保育利用時の年齢撤廃も検討されるべきと考えます。

 今後も、産み育てやすくする環境整備について注視してまいります。

高戸友子

川崎市宮前区宮前区犬蔵1-35-16フォーレストスガオ206

TEL:044-862-8677

https://t-takado.com/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

がれき処理は県一体での対策を

県政報告

がれき処理は県一体での対策を

神奈川県議会議員 やなせ吉助

2月23日

「逆介護保険」で100歳時代へ

県政報告

「逆介護保険」で100歳時代へ

〜財源を生み出す大きな可能性〜 神奈川県議会議員 そえだ 勝

2月23日

自転車の交通安全対策を求め!第2弾

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

自転車の交通安全対策を求め!第2弾

 〜川崎市自転車活用推進計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

2月16日

不足する駐輪場対策を求め!第1弾

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿

不足する駐輪場対策を求め!第1弾

 〜川崎市自転車活用推進計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

1月19日

地域公共交通の充実へこれまでの経緯を再確認

市政報告Vol.47

地域公共交通の充実へこれまでの経緯を再確認

川崎市議会議員 矢沢たかお

1月5日

新人の立場で政治改革をリード

宮前から自民党を変える

新人の立場で政治改革をリード

神奈川19区支部長 草間剛

1月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    コラム㊹専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

    2月23日

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook