高津区版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

タレント池谷直樹さん 川崎で新ミュージカル始動 3月17日、市教育文化会館で

本番に向けた練習中、熱い思いを語る池谷さん
本番に向けた練習中、熱い思いを語る池谷さん

 北見方在住のタレント、池谷直樹さんは3月17日(土)、今年、自ら中心となって立ち上げた団体による新しいミュージカルを川崎市教育文化会館で開催する。その後は国内約40カ所を回り、売上の一部を東日本大震災の復興支援として寄付する。

 池谷さんが昨夏より構想を練ってきた団体の名はサムライ・ロック・オーケストラ。同団体が繰り広げるのは、高い身体能力でアクロバット、新体操、トランポリンなどを披露するパフォーマーと、バイオリン、ギター、ドラムなどで音楽を奏でるミュージシャンが一体となって生の演技・演奏を行うミュージカルだ。総合演出は池谷さん自らが行い、音楽構成には知人のD・A・Iさんを招いた。池谷さんは「生演奏とパフォーマンスの融合という新しいミュージカルは目で見ても耳で聴いても楽しめます。演劇界の常識を破り、川崎から元気を発信したい」と意気込みを語った。

 きっかけは東日本大震災。出演していたマッスルミュージカルも中止になるなど、少なからず自身の活動に影響した。「何かしなきゃ」と、復興支援として芸能界の仲間とともに都内を中心に募金をし、被災地で炊き出しのボランティアも行った。

 そうした活動を通して芽生えたのが「(被災者を)少しでも元気にできること、僕にできることをしたい」との想い。たどり着いたのは新しい舞台を立ち上げることだった。今なお避難生活を余儀なくされ、川崎で暮らす被災者を抽選で公演に招待する計画も。本番では被災地の漁師から借り受けた大漁旗を使うシーンを予定しており「大漁旗は漁師にとってとても大切なもの」と気を引き締めた。

 「SAMURAI〜創世記〜ファーストセッション」と銘打った旗揚げ公演の会場は自身が住む川崎の地。「やっぱり地元でスタートしたかった」

 川崎公演の開演は午後7時(開場は30分前)。公演時間は約90分を予定している。チケット料金は6500円(税込・全席指定)。

 公演の詳細やチケット購入の問い合わせはSAMURAI製作委員会(MJエンターテインメント内/【電話】03-4577-9095/平日午前11時〜午後5時)。公式サイトはhttp://samurai-rock-orchestra.com/

読者プレゼント

 川崎公演に本紙読者2組4人を招待。チケット半券には池谷さんの直筆サインが入る。希望者はハガキに住所・氏名・電話番号・年齢・性別を明記し、〒216-0035川崎市宮前区馬絹2880-1(株)タウンニュース社「サムライ・ロック・オーケストラ係」まで郵送する。2月29日(水)必着。当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。※個人情報はチケット郵送のためのみに使用
 

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク