高津区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

高津区人身事故 減少率が県内トップ 時間、地点絞る警戒が奏功

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 高津警察署(古宮忠男署長)はこのほど、2015年に管内で発生した人身事故件数をまとめた。人身事故件数は前年より159件少ない503件、減少率24%は県内トップとなる。同署は「事故の分析と時間と地点に絞った警戒が奏功した」という。これにより川崎市内8署中、10年以上続いた「人身事故件数ワースト1位」を返上した。

 内訳は二輪車168件(前年比21件減)、子ども51件(同18件減)、高齢者133件(同21件減)、自転車134件(同69件減)で、全項目で前年より下回っている。高津警察署交通課は「事故が多発する道路、時間帯、曜日を割り出し、重点的に取り締まりやレッド警戒(赤色灯をつけたパトロール)、駐留警戒を増やしたことが減少率の高さにつながっている」と分析している。

発生事故の傾向を分析

 高津区は平坦な地形から自転車人口が多く、道幅が狭いことも要因となり交通事故多発地域となっている。過去10年、市内8署の中で人身事故件数は最多。

 こうした状況を踏まえ、同署は昨年、事故の実態把握と分析に取り組んだ。2014年1月から15年6月30日までに管内で発生した人身、物件事故件数・全5541件の日時、曜日、場所、車種、性別、年齢、天候などを調査し、事故が起こる傾向を分析。これを基に「246号線」「409号線」「尻手黒川線」「南武沿線道路(小杉菅線)」「鶴見溝口線」の各幹線道路で事故が起こる時間帯や地点を割出し、集中的に取り締まりやレッド警戒を行った。

 この結果、幹線道路で最も発生件数が多い246号線は前年22件減の72件。南武沿線道路は前年の半数以下の20件となった。同時に一般市道の件数も前年2割減の217件となった。

 同署は「幹線道路の警戒強化をすることで運転者の安全意識につながり、一般道の発生件数の抑制につながったのでは」と分析する。

死亡件数は前年増

 一方で死亡事故は前年比1件増の3件。交通量の少ない夜間や早朝に発生している。「スピードが出やすく視界も悪い。運転者はもちろん、歩行者もより一層注意してほしい」と話す。

高津区版のトップニュース最新6

“映える”高津を探せ

区とたち農推進会議

“映える”高津を探せ 文化

写真展、SNSで作品募集

7月19日号

中核ホテルと共に30周年

高津区内のランドマーク「KSP」

中核ホテルと共に30周年 経済

節目経て、さらなる発展へ

7月19日号

「医療」「介護」橋渡し10年

高津区認知症連携を進める会

「医療」「介護」橋渡し10年 社会

来月には市民公開講座も

7月12日号

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 文化

官民一体 「価値高め、後世に」

7月12日号

区内で患者数急増

手足口病

区内で患者数急増 社会

過去20年、同時期で最多

7月5日号

「楽天シニア」高津で始動

シニア向けスマホアプリ

「楽天シニア」高津で始動 社会

健康寿命延伸などに一役

7月5日号

詐欺電話遮断に本腰

高津警察防犯協会

詐欺電話遮断に本腰 社会

防止機能機器の購入訴え

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク