高津区版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

独居老人のリアル描く 市営団地が舞台の映画 4月公開

文化

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
▶映画「桜の樹の下」のポスター
▶映画「桜の樹の下」のポスター

 市内の市営団地を舞台とした映画「桜の樹の下」が4月2日から公開される。団地で暮らす単身高齢者の日常を切り取ったドキュメンタリー映画。多摩区出身の田中圭さんによる初監督作品だ。田中監督は「単身高齢者が強く逞しく生きる姿を見てほしい」と話す。

 映画の舞台となるのは川崎市内の市営団地。約350世帯のうち7割が高齢者で、その多くが単身で暮らす。年間所得制限が厳しい同団地には、いわゆる年金暮らしの高齢者が多い。映画「桜の樹の下」ではそんな同団地で暮らす4人の単身高齢者にスポットをあて、孤独を感じながらも団地という小さな生活コミュニティーの中で強く逞しく生きる姿が描かれている。4人はいずれも若い頃に故郷を離れて川崎に移り住み、歳を重ねて単身となった高齢者だ。なぜ団地に入ってきたのか、なぜ1人になったのか、どう自らの死に向き合っていくのかなど、生活を切り取る中で4人の人生が映し出される。

 田中監督が同団地を舞台に選んだのは日本映画学校時代の取材実習で出会った同団地の住民がきっかけ。「個性豊かな人が暮らすこの団地からは生活は楽ではないにも関わらず、旺盛な生のエネルギーを感じた」と語る。

 同作では単身高齢者に対する「大変そう、寂しい、辛い」という一般的なイメージを払拭しようと、日常の中での何気ない仲間との会話や交流を通して登場人物が笑って泣いて逞しく過ごす実生活の様子が描かれている。

 田中監督は「孤独や死と向き合いながらも強く明るく生きる高齢者がいることを映画を通して伝えられれば」と話している。

 なお、同作は2015年山形国際ドキュメンタリー映画祭の日本プログラム正式招待作品。同映画祭でも満席となり評判を呼んだ。公開は4月2日から。ポレポレ東中野ほか全国で順次公開予定。製作はJyaJyaFilms・だいふく、配給はJyaJyaFilms。詳細の問い合わせは【携帯電話】090・7235・1015へ。

▶田中圭監督
▶田中圭監督

高津区版のトップニュース最新6

念願のコゼット役に

区内在住加藤さん

念願のコゼット役に 文化

帝国劇場で「レミゼ」公演

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

注意して「点検強盗」

LPガス協会川崎北支部

注意して「点検強盗」 社会

地域一体の防犯姿勢、強調

10月16日号

住宅・商業地 市平均超え

高津区基準地価

住宅・商業地 市平均超え 社会

コロナ禍も上昇維持

10月16日号

13日に「創業70周年」

株式会社ムサシボウル

13日に「創業70周年」 社会

渡邉会長、溝口の遍歴回顧

10月9日号

対策施し今日から開催

高津区文化祭

対策施し今日から開催 文化

公募展「オンライン活用」も

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク