高津区版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

川崎、横浜市内の新聞販売店で組織される、京浜新聞販売組合の組合長に就任した 掛川 保之さん 溝口在住 55歳

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

目指すは地域貢献の拠点

 ○…川崎市、横浜市の新聞販売店全270店で組織される「京浜新聞販売組合」の第56代組合長に就任した。読者と地域に支持される新聞販売を目指し、販売事業の発展だけでなく、各店が地域に根付いて社会貢献できる事業を進めている。初めて務める大役に「責任の重い立場。やるからにはしっかりやりきりたい」と決意を語る。「我々はあくまで地元でやらせてもらっている立場。フィードバックできるような事業を行っていきたい」

 ○…父親が新聞販売店を経営しており、生まれた時から身近な事業だった。学生時代は新聞奨学生として配達に励み、24歳の時に早くも店舗の所長を務めることに。「(店舗を)大きくすることだけを考えていた。若さと未来があったね」と懐かしげ。「やるだけやってみようという思いだった。商売は自分がどう行動するかで決まる」。現在は「掛川エンタープライズ」という会社で高津区溝口周辺の複数店舗を運営している。

 ○…「新聞販売は競争ではなく協調の時代になった。地元に根付く店舗として、やさしいまちづくりにも貢献していきたい」と地域貢献の役割を積極的に果たすつもりだ。特に配達中の高齢者見守り活動に力を入れ、組合員全員が研修を受けて、認知症高齢者への声かけを行うなどの方針も定めた。「各店舗が『地域貢献ステーション』になれる。地域に安心してもらえる場所として、震災時のサポートや各イベントへの参加もやっていきたい」

 ○…大切にしているモットーは「人に優しく」「出会いを大切にする」こと。「人との出会いは自分に新たな気付きを与えてくれる」と、多くの人との関わりがカンフル剤だ。趣味は他業種の友人たちとゴルフを楽しむこと。「社員にも『友だちはいつでも増やしなさい』と言っている。友だちが多い方が楽しい老後を送れると思うから」。「人が好き」という思いが地域貢献の原動力になっている。

高津区版の人物風土記最新6

高津川 真紀さん(本名:戸張 真紀)

戸張一座の代表として25年にわたって慰問活動をしている

高津川 真紀さん(本名:戸張 真紀)

北見方在住 54歳

1月28日号

杉浦 修弥(おさみ)さん

区内にある「川崎市民プラザ」の館長を務める

杉浦 修弥(おさみ)さん

新作在勤 52歳

1月21日号

神園 佳昌さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌さん

幸区在住 35歳

1月14日号

中村 昌子さん

江川せせらぎ遊歩道沿いの掲示板に手づくりの絵手紙を展示している

中村 昌子さん

子母口在住 86歳

12月24日号

尹駿皓さん(インジュンハウ)

高津区で初めての外国人神主となるため研鑽の日々を送る

尹駿皓さん(インジュンハウ)

新作在住 33歳

12月17日号

齋藤 優樹さん

久地の「北海道美唄コンテナショップ」の専任スタッフを務める

齋藤 優樹さん

北海道美唄市在住 33歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook