高津区版 掲載号:2016年7月1日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.14 シリーズ 地域差が大きい川崎市 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 このシリーズの第1回目で、今や148万人を超えた川崎市の人口規模は、都道府県と同等であることを見ました。これだけの大都市となると、全市的な観点だけでまちづくりを考えたのでは、十分とは言えません。

 本市では、市政に対する市民の意識を調査するために、年2回市民アンケートを行っています。下記のグラフは、昨年の夏に行ったアンケート結果からとったもので、住環境のどのような点に満足しているかを聞いたものです。

 川崎区の区民では、満足している方の約7割が「利便性が良い」ことを挙げているのに対し、高津区で利便性に満足している方はおおむね5割、麻生区はわずか2割にとどまっています。逆に、麻生区の5割近くの方は「緑の多さ」に満足しているのに対し、高津区では3割弱、川崎区では1割にも達していません。

 行政区を単位に見ても、川崎市のどこに満足しているのかが違っており、こうした違いにきちんと目配りできているのかが問われています。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク