高津区版 掲載号:2016年11月4日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.18 シリーズ 川崎は全国有数の港湾都市 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 高津区民にとってはピンとこないかもしれませんが、川崎市は国内有数の港湾都市でもあります。川崎港は国際戦略港湾にも指定されており、全国に994ある港の中では、入港船舶総トン数、貨物取扱量のどちらも8番目の規模となっています。

 最近の特徴は、とくにコンテナの取扱量が急増しているという点です。2010年に約3万7千TEU(20フィートサイズのコンテナに換算した容量)であったものが、2015年には約10万8千TEUへと、6年間で実に3倍に増えており、この傾向は今後もしばらくは続くと思われます。

 川崎港は、川崎市だけでなく、首都圏にとっても重要な役割を担っています。他方で、高津区民を含めた川崎北部の市民にとっては、なかなか身近に感じられていないのではないでしょうか。学校教育の場をはじめ、川崎港に接する機会を増やすことは当然必要ですが、同時に、川崎港とは生活圏が異なる北部の市民が、港湾政策にどこまで関与できるのか、また、関与すべきなのか、議論が必要かもしれません。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

街道沿い5会場で賑わい

街道沿い5会場で賑わい

2月25日 大山街道フェスタ

2月25日~2月25日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三四回 「二子新地誕生」

    高津物語

    2月23日号

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク