高津区版 掲載号:2018年5月11日号
  • LINE
  • はてぶ

数値でみる川崎と高津No.35 シリーズ 過労死ラインにある教職員〜「勤務実態調査」 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 4月、「川崎市教職員の勤務実態調査」の結果速報が公表されました。従来から、教職員の長時間勤務の問題が指摘されてきましたが、実態調査は初めてです。

 下記のグラフは、教職員の学内勤務時間から正規の勤務時間である7時間45分を引いた「超過勤務時間」を示したものです。これによると、中学校教諭は平日3時間38分、休日3時間50分、小学校教諭でも平日2時間55分、休日24分となっています。1か月の勤務時間に換算すると、中学校教諭の月間残業時間は約111時間、小学校教諭で約66時間となります。

 一部の教職員だけでなく、教職員全体の平均残業時間が、月間80時間の過労死ラインにあるという驚くべき結果でした。子どもたちの人間形成の基礎を担う義務教育課程において、教職員の絶対数が明らかに足りていない現状は、早急に改善しなければならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「とどろき大会」市とタッグ

プロレスヒートアップ

「とどろき大会」市とタッグ

田村代表ら 10月31日に熱戦

10月31日~10月31日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」

    高津物語 文化

    10月19日号

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク