高津区版 掲載号:2019年1月4日号
  • LINE
  • hatena

数値でみる川崎と高津No.44 シリーズ いよいよ始まる『私道』の下水道管補修助成 みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

 下記のグラフは、本市における下水道管の延長距離を示したものです。本市では、70年代から90年代にかけて急ピッチで整備をすすめてきましたが、下水道管の耐用年数は50年のため、本格的な更新期を迎えつつあります。

 私道に敷設された下水道管の補修については、私道の多くが公道と同様に使われているにもかかわらず、全額が住民負担となっていました。他方、私道の舗装や上水道管の補修には公費の支援があり、下水道管についてもインフラの適正管理の観点から、私は同様の施策を求めてきました。

 行政内部でも検討を進めていただいた結果、本年4月からは、私道に敷設され

た下水道管についても補修額の70%を公費で助成する新たな制度がスタートする予定です。下水道の適正な管理のためにも、積極的に助成制度を活用していただければと思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク