高津区版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

南武線津田山駅 利便性向上「まず一歩」 橋上駅舎、北口供用決まる

経済

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
現駅舎には撤去を惜しむ声も
現駅舎には撤去を惜しむ声も

 2017年から各種作業か進められているJR南武線「津田山駅」の橋上化(きょうじょうか)工事の進捗に併せ、新駅舎の北口一部の供用が今年6月から開始されることがこの程、発表された。

 この事業は、津田山駅の利便性向上などを主な目的に川崎市の要望を受けたJRが進めているもので総工費は約22億円。

 現在は線路の上に駅舎と自由通路を新設する「橋上化」と呼ばれる工事が行われており、一部供用が始まる今年6月からは既存の駅舎から川崎方面に100メートル程度移動。新駅舎はエレベーターが改札内外に備わっておりこれまで”南武線で唯一”と揶揄(やゆ)されてきた「未バリアフリー化問題」に対応。喫緊の課題解消にまず一歩、踏み出す格好となる。

自由通路”道半ば”

 だが、利便性向上へのもう一つの目玉となる「自由通路」については、来年春頃に南口側の工事完了を以て開通となるため、当面は道半ばといった状況。現駅舎にほど近い「津田山第一踏切」などでは朝のラッシュ時を中心に殆どの時間、往来できなくなる「開かずの踏切」となる機会も多く、同駅利用者の不満の要因となっている。

 また近隣にある下作延小学校の児童にとっては、この踏切が通学路になっており車道との距離も近いため、保護者からは「1日も早く南口の工事を完成させて、自由通路で安全な登校を実現させて欲しい」といった声も寄せられている。さらに新駅舎の完成に伴い撤去予定の現駅舎については「津田山駅」の名称で開業した1943年からの歴史を刻んでおり、一部マニアからは保存を求める声もあがるなど、各方面から注目を集めている。

供用開始後は乗降ホームに直結するエレベーターも設置される
供用開始後は乗降ホームに直結するエレベーターも設置される

高津区版のトップニュース最新6

「夏は公共施設で学ぼう」

高津区

「夏は公共施設で学ぼう」 教育

子ども達に環境提供へ

7月10日号

コロナ禍も「上向いて」

区内花火師有志

コロナ禍も「上向いて」 文化

 多摩川で5分間打ち上げ

7月10日号

見学歓迎 「こども神輿」

新作八幡宮

見学歓迎 「こども神輿」 文化

手作り前、イメージ醸成に

7月3日号

新ルール設け再開へ

多摩川緑地BBQ広場

新ルール設け再開へ 社会

入場、ピーク時3割以下に

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 社会

計画7年目、新設進まず

7月3日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク