高津区版 掲載号:2019年2月22日号
  • LINE
  • hatena

南武線津田山駅 利便性向上「まず一歩」 橋上駅舎、北口供用決まる

経済

現駅舎には撤去を惜しむ声も
現駅舎には撤去を惜しむ声も

 2017年から各種作業か進められているJR南武線「津田山駅」の橋上化(きょうじょうか)工事の進捗に併せ、新駅舎の北口一部の供用が今年6月から開始されることがこの程、発表された。

 この事業は、津田山駅の利便性向上などを主な目的に川崎市の要望を受けたJRが進めているもので総工費は約22億円。

 現在は線路の上に駅舎と自由通路を新設する「橋上化」と呼ばれる工事が行われており、一部供用が始まる今年6月からは既存の駅舎から川崎方面に100メートル程度移動。新駅舎はエレベーターが改札内外に備わっておりこれまで”南武線で唯一”と揶揄(やゆ)されてきた「未バリアフリー化問題」に対応。喫緊の課題解消にまず一歩、踏み出す格好となる。

自由通路”道半ば”

 だが、利便性向上へのもう一つの目玉となる「自由通路」については、来年春頃に南口側の工事完了を以て開通となるため、当面は道半ばといった状況。現駅舎にほど近い「津田山第一踏切」などでは朝のラッシュ時を中心に殆どの時間、往来できなくなる「開かずの踏切」となる機会も多く、同駅利用者の不満の要因となっている。

 また近隣にある下作延小学校の児童にとっては、この踏切が通学路になっており車道との距離も近いため、保護者からは「1日も早く南口の工事を完成させて、自由通路で安全な登校を実現させて欲しい」といった声も寄せられている。さらに新駅舎の完成に伴い撤去予定の現駅舎については「津田山駅」の名称で開業した1943年からの歴史を刻んでおり、一部マニアからは保存を求める声もあがるなど、各方面から注目を集めている。

供用開始後は乗降ホームに直結するエレベーターも設置される
供用開始後は乗降ホームに直結するエレベーターも設置される

創業52年 株式会社菊池組

℡044-755-7171/川崎市高津区久末2065-3

http://www.kk-kikuchigumi.jp/

<PR>

高津区版のトップニュース最新6件

GW、6割超が一部診療

市医師会加盟機関

GW、6割超が一部診療

4月19日号

おたまじゃくし、大量発生

新作・宮田さん宅

おたまじゃくし、大量発生

4月19日号

「花まつり」PRに仕掛け

タウンレポート

「花まつり」PRに仕掛け

4月12日号

近所と「関わりたい」8割

区集合住宅交流実態調査

近所と「関わりたい」8割

4月12日号

商店街活性化に貢献

溝口飲食店「テトテオ」

商店街活性化に貢献

4月5日号

深夜バス、拡充へ

川崎市バス

深夜バス、拡充へ

4月5日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

令和の幕明け、笑いで祝う

令和の幕明け、笑いで祝う

溝口でやかん寄席

5月3日~5月3日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク