高津区版 掲載号:2019年3月1日号
  • LINE
  • hatena

数値でみる川崎と高津No.46 シリーズ 多様性を誇れる川崎市に みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

 昨年1年間で、川崎市の人口は約1万2千人増えました。このうちの約3千人は外国籍をもつ市民で、本市の元気力の源泉でもある人口増の1/4は、これらの人々によって支えられています。現在、川崎市民の約3%が外国人市民であり、先般改正された入管法により、こうした傾向はさらに強まっていくと思われます。

 また、子どものいる世帯の約1割はひとり親世帯となっています。LGBT等は人口の約8%、障害のあるひとは約6%、認知症患者数は約3%。ある意味、私たちの社会は、なんらかの「マイノリティ性」をもつ人々によって構成されているといえます。

 様々な「マイノリティ性」を隠さなければ生きづらい川崎市ではなく、それを個性として誇れる社会。それこそが、わたしたちが目指すべき川崎市の姿であると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

創業52年 株式会社菊池組

℡044-755-7171/川崎市高津区久末2065-3

http://www.kk-kikuchigumi.jp/

<PR>

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

令和の幕明け、笑いで祝う

令和の幕明け、笑いで祝う

溝口でやかん寄席

5月3日~5月3日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク