高津区版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.46 シリーズ 多様性を誇れる川崎市に みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年1年間で、川崎市の人口は約1万2千人増えました。このうちの約3千人は外国籍をもつ市民で、本市の元気力の源泉でもある人口増の1/4は、これらの人々によって支えられています。現在、川崎市民の約3%が外国人市民であり、先般改正された入管法により、こうした傾向はさらに強まっていくと思われます。

 また、子どものいる世帯の約1割はひとり親世帯となっています。LGBT等は人口の約8%、障害のあるひとは約6%、認知症患者数は約3%。ある意味、私たちの社会は、なんらかの「マイノリティ性」をもつ人々によって構成されているといえます。

 様々な「マイノリティ性」を隠さなければ生きづらい川崎市ではなく、それを個性として誇れる社会。それこそが、わたしたちが目指すべき川崎市の姿であると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

連載222回

「くにこ」の県庁見聞録

〈7月5日号続き〉 勤務医師と製薬会社【2】

8月9日号

「ふるさと納税」で市民サービスは低下?

数値でみる川崎と高津No.51 シリーズ

「ふるさと納税」で市民サービスは低下?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

8月2日号

「いこいの家・老人福祉センター活性化」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊷

「いこいの家・老人福祉センター活性化」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

7月26日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載221回

「くにこ」の県庁見聞録

勤務医師と製薬会社

7月5日号

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

数値でみる川崎と高津No.50 シリーズ

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

7月5日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク