高津区版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.46 シリーズ 多様性を誇れる川崎市に みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年1年間で、川崎市の人口は約1万2千人増えました。このうちの約3千人は外国籍をもつ市民で、本市の元気力の源泉でもある人口増の1/4は、これらの人々によって支えられています。現在、川崎市民の約3%が外国人市民であり、先般改正された入管法により、こうした傾向はさらに強まっていくと思われます。

 また、子どものいる世帯の約1割はひとり親世帯となっています。LGBT等は人口の約8%、障害のあるひとは約6%、認知症患者数は約3%。ある意味、私たちの社会は、なんらかの「マイノリティ性」をもつ人々によって構成されているといえます。

 様々な「マイノリティ性」を隠さなければ生きづらい川崎市ではなく、それを個性として誇れる社会。それこそが、わたしたちが目指すべき川崎市の姿であると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍で加速?「少子化傾向」

数値でみる川崎と高津 No.80 シリーズ

コロナ禍で加速?「少子化傾向」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

12月3日号

スマホで目を悪くしている子どもが多い!?

3歳児健診の視覚検査、市内眼科健診の充実に向けて 市政報告

スマホで目を悪くしている子どもが多い!?

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

11月12日号

ワクチン接種の効果は?

数値でみる川崎と高津 No.79 シリーズ

ワクチン接種の効果は?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

11月5日号

「かわさきSDGsパートナー」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 63

「かわさきSDGsパートナー」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月22日号

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook