高津区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める ハキマ バトハウイさん 中原区在住

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

日本とアラブの架け橋に

 ○…母国モロッコやサウジアラビア大使館で勤務した実績を買われ、昨年7月にUAE大使室長に就任。大使の右腕としてスケジュール管理やメディア対応、日本政府との折衝などの役割を担う。UAEが宇宙開発に力を入れており、昨年にはJAXAと連携し種子島でのロケット打ち上げに参加した。「2020年のドバイエキスポを機に、再度探査機を火星に向けて発射する。また貢献したいですね」と意気込む。

 ○…日本のアニメに憧れを抱き、21歳の時に川崎へ。国際交流センターで基礎を学んだ後は、警視庁でアラビア語を教える仕事を始め、日本人と会話する中で日本語をマスターしていった。友人に誘われ試験を受け、NHK国際放送局のアナウンサーになると、今もニュースの翻訳やレポーターとして活躍する。「KSPの中にある本屋さんで子ども向け絵本を立ち読みしたり、丸井の上階にある市民館の日本語教室で語学を学んだりと、高津区にも意外と縁深いんですよ」とニッコリ。KSPの内田社長とは仕事を介して知り合い、友人として良好な関係を構築しているのだとか。

 ○…商店街の夏祭りでは神輿を担いだり、祖国モロッコの料理「クスクス」や「タジン料理」を振る舞まったことも。「地元の方と触れ合うのが好きですね」。密かな楽しみは、風呂桶を持って近所にある銭湯に通うこと。「モロッコにも似たようなハマムという蒸し風呂があって懐かしいんです」

 ○…目標は日本とアラブの距離を縮めること。「そのために総理大臣の補佐官になりたい」と笑う。中東はエネルギーだけというイメージしかないのではといった懸念を抱く。「優しく思いやりのある国民性は一緒だと感じる。距離は遠いけど、もっと身近な関係にしたい。その架け橋になれたら」

高津区版の人物風土記最新6

村山 文子 さん

「ステキに映え農フォトコンテスト」で区長賞を受賞した

村山 文子 さん

溝口在住 67歳

2月14日号

菅野 真楠さん

「溝ノ口劇場」2代目支配人に就任した“MAX(マックス)”こと

菅野 真楠さん

千年在住 31歳

2月7日号

石関 武之さん

「第21回NHK全国俳句大会」で約5万作品の中から特選を受賞した

石関 武之さん

北見方在住 78歳

1月31日号

冨田 誠さん

高津区社会福祉協議会の会長に就任した

冨田 誠さん

坂戸在住 71歳

1月24日号

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その4 大竹 寿一(ひさいち)さん

    2月7日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク