高津区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん 東京2020に「川崎愛」 「算数ドリル」、次の一手も

スポーツ

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
取り組みについて語る天野さん
取り組みについて語る天野さん

 令和の時代が幕を開け、1年2カ月後に迫った東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020)。その大会を盛り上げる火付け役として活躍しているのが、元川崎フロンターレ(以下、川崎F)プロモーション部部長の天野春果さんだ。川崎での経験、現在の競技大会組織委員会での取り組み、将来について語ってもらった。

――天野さんが組織委員会に参加したきっかけは。

 「スポーツを学びたくて米国に留学した時、ボランティアで加わったアトランタ五輪で街が一色になったことが忘れられなくて。その後、長野冬季五輪、サッカー日韓W杯にもスタッフとして活動し、一大スポーツイベントで残るは自国開催の夏の五輪のみだと。私の目標はスポーツの力でこの国を変えることなので、自国で行われるアマチュアの祭典を経験することが今後の目標達成につながると思ったんです」

――今年4月に都内の全公立小学校に東京2020の算数ドリルを配布されたそうですね。川崎F時代にも天野さん発案のドリルは話題でした。

 「算数ドリルなら子どもたちが楽しく学べ、東京2020の機運醸成にもなると思って。ただ、川崎で前例があっても一筋縄ではいかず。企業数社の協力を頂き、まず発信力のある渋谷区をモデルエリアとして昨年試験的に導入しました。メディアにも取り上げられ、都内62自治体の校長会などで説明を重ね、約1年かけ都内全域に広げました。計画を実行できた達成感と同時に、上丸子小(中原区)から始めた川崎Fドリルでご協力頂いた、川崎の学校の先生やサポーター、地域の方にも改めて感謝ですね」

――東京2020の算数ドリルは東京以外にも広げているようですね。

 「東京2020は世界の祭典なので、東京以外の子どもにも関心をもってほしくて。ドリルは今、自治体での予算化と教育委員会の了承で、静岡全域、鹿児島県指宿市、山形県村山市、千葉県市川市で導入が決まりました」

――川崎F時代にも次々と企画を打ち出しました。

 「地域や川崎Fに愛着をもつ方々の声に耳を傾け、立案することを心掛けていました。スポーツは強さも大事だけど、愛されることがもっと重要。“フロンターレ牧場”も地元との連携でしたし、思いを汲んでこそ生きる。川崎での経験が原点です」

高津区版のトップニュース最新6

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

「ゴミ処理スキル」を刷新

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「ゴミ処理スキル」を刷新 社会

稼働3カ月で早くも成果

8月2日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

「教えてお兄さん、お姉さん」

地元の学生が講師を担当

「教えてお兄さん、お姉さん」 教育

橘小「お楽しみ会」定着へ

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク