高津区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

千年など深く関与 地名から知る「令和の由来」 溝口に万葉集資料コーナー

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
市地名資料室の特別コーナー
市地名資料室の特別コーナー

 新元号「令和」の典拠となった万葉集。溝口にある川崎市地名資料室は、新元号を記念し、万葉集に登場する古代の地名や古代の川崎に関する書籍・資料などの特別コーナーを5月31日まで設置している。

 今回展示するのは、「万葉集」や「埋もれた万葉の地名」など、万葉集に登場する地名の専門書、一般図書、川崎市の古代史に関する書籍、調査報告など49点。

 万葉集とは、奈良時代に成立した日本で現存する最古の歌集。約400年にわたり全国各地、各階層の人の歌約4500首が収められる。市文化財課の調べでは、万葉集に収録される歌の中で古代川崎の地名に関連する歌は3首。武蔵国橘樹郡(現川崎市)の防人(古代九州の重要地点の防衛にあたった兵士)の夫婦の歌、多摩川を題材にした歌などがある。

 万葉集が成立した時代、現在の川崎市には「武蔵国橘樹郡」が存在していた。特に千年と野川(宮前区)地域は、橘樹郡の役所跡「橘樹郡衙跡」と古代寺院「影向寺遺跡」があり、政治・経済・文化の中心地として栄えた。「橘樹郡衙跡」と「影向寺遺跡」は「橘樹官衙遺跡群」として2015年、国史跡に指定されている。

 特別展示には、千年、子母口の史跡を巡る「高津てくてくマップ」のリーフレットなども用意されている。市文化財課は「『令和』の由来となった万葉集の時代の古代川崎に思いを馳せ、地域を巡ってほしい」と話す。

 展示は5月31日まで。開室時間は午前9時から午後4時30分。

高津区版のトップニュース最新6

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

「ゴミ処理スキル」を刷新

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「ゴミ処理スキル」を刷新 社会

稼働3カ月で早くも成果

8月2日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

「教えてお兄さん、お姉さん」

地元の学生が講師を担当

「教えてお兄さん、お姉さん」 教育

橘小「お楽しみ会」定着へ

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク