高津区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第2話 その3 加藤 孝市さん

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

◆子どもの正月行事 精の神(どんど焼き)

 正月の松が取れると、小・中学生20人くらいで下作延や溝口駅周辺の家・商店をリアカーで回り、正月飾りや古いお札を集めて歩きました。その時にお金(おみき銭)ももらいました。集めた飾りなどは1月13日に学校から帰ってから空き地に大きい竹を中心に円形の小屋を建て、一晩小屋の中でお菓子などを食べながら過ごしました。翌朝の6時頃、「精の神に火をつけるぞ」と大声で宣伝しながら町内を歩きました。宅地化に伴い、空き地もなくなり、昭和30年を最後に中止になり、高津地区に残っていた精の神は姿を消しました。その後、昭和60年代高津青年会議により数年間行われましたが、中止になりました。昔の行事が姿を消すことは寂しいですね。

◆活気あふれる溝口周辺

 溝口には東京工機、ミツトヨ、東芝など工場がたくさんあって、賑わっていました。大山街道には多摩川を越えて東京の人も買い物に来ていました。お店もたくさんあって「溝の口百貨店」があったんです。ここに昭和27、28年だったでしょうか…水洗トイレがこの辺りで最初にできて学校帰りにどんなものか、友達と見に行き水を流して「なるほど」なんてね(笑)。大貫病院は既にあって、昭和32年に山口耳鼻科が開業。私は開業後、2〜3番目の患者でした(笑)。その後、安藤整形外科、帝京大学附属病院、高津中央病院ができました。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その4 青山 昭久さん

8月16日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その3 青山 昭久さん

8月9日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その2 青山 昭久さん

8月2日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その1 青山 昭久さん

7月26日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

7月26日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その4 加藤 孝市さん

7月19日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク