高津区版 掲載号:2019年8月2日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第3話 その2 青山 昭久さん

掲載号:2019年8月2日号

  • LINE
  • hatena

◆小学校の話

 2年生になる時に高津小に移りました。当時の高津小はマンモス校で1学年10クラスほどありました。校舎は古かったですが大きな学校でしたよ。転校したばかりのころは友達から「砂利屋」って呼ばれてたなあ。戦時中、高津小は兵舎になって、九州の部隊が来ていました。方言で話すから、最初は何を話しているのかわからなかったです。兵隊さんたちは多摩川の河原に穴を掘っていました。その穴のことを「蛸壺」って呼んでいましたね。機銃掃射の時に避難するための、人間1人が入れるくらいの穴です。私たちは土を運んだりして手伝っていました。穴掘りの他に、河原にたくさん生えている松の根から松根油(しょうこんゆ)を採取していました。これは飛行機や自動車に使う、ガソリンの代用燃料になるんです。根っこを掘って車に乗せる、これが兵隊さんの仕事だった。手伝っているうちに兵隊さんとも仲良くなりました。

 掘った後に土が残るから、そこをちょっとした田圃にして米を作ったりもしました。今の教育センターのところです。あそこも河原だったんです。できた米を仲良くなった兵隊さんに持って行ってあげるとすごく喜ばれましたよ。小学校の頃には、国道246号線や津田山陸橋、二子橋もまだなかったです。大山街道があっただけ。戦後、津田山の切通しを掘って、その土を埋め立てに使って246号線を作ったんです。
 

高津区版のコラム最新6

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

11月27日号

GO!GO!!フロンターレ

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.10 塗装業も歯科医も「専門家」を選べ

11月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第16話 その4 関口 務 さん

11月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第16話 その3 関口 務 さん

11月20日号

意外と知らない!?ボウリングの魅力

改装3周年ムサシボウル所属プロがQ&Aで解説!

意外と知らない!?ボウリングの魅力

第1回「ジュニア選手の育成」について

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク