高津区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する 澁谷 直子さん 末長在住 45歳

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

「皆で成長できる場所」を

 ◯…結婚を機に農家に嫁ぎ、今では野菜ソムリエの資格も取得するなどその道のプロフェッショナルに。地産地消の考えにも共感を覚え、所有する農園から直線距離でわずか1キロほどの所にある高津区役所内にある「レストランたかつ」に獲れたての新鮮な野菜を卸している。「今は秋野菜の最盛期。高津の地場野菜の美味しさを区役所のレストランで味わってもらえれば嬉しいですね」と笑顔でアピールする。

 ◯…地元の子ども達などに収穫の喜びを実感してもらおうと、依頼に応じ様々な催しを企画。取材日はちょうど近隣にある保育園の芋掘り体験の真っ只中。元気なチビッ子の楽しそうな声を聞きながら、嬉しそうな表情を浮かべる。農業は地元と密接に関係するだけに、野菜に注ぐ愛情そのままに、地域への深い思い入れも感じさせる。

 ◯…自宅敷地にある、地区100年を数える母家を改装し、昔の趣を残しながらも次の100年につなげていけるようにとコミュニケーションスペースとして提供しているもの自身のアイデアから。「たくさんの方が気軽に集ってもらえれば」とニッコリ。農家の母家を活用したユニークな試みとして早くから評判を集め、近隣の住民等が習い事や料理教室の会場として利用するなど幅広く活用。末長エリアのシンボル的なスポットとして認知度を高めている。

 ◯…「農園体験できる。

楽しく集いくつろげる。一緒に学べる。そしてみんなで成長出来る場所を目指しています」と展望を語る。だが本業を常に忘れることなく、インターネットの通販ルートを確保したり、地元農家の生産品を直売する「高津さんの市」にも精力的に参加するなど活躍の幅は拡がる一方といった様子。農業の可能性を追求する日々が、今日も続く-。

高津区版の人物風土記最新6

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その1 石塚 卯三夫さん

    11月22日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク