高津区版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.58 シリーズ 足りてる?医師と看護師 みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 質の高い医療サービスを安定的に受けられることは、市民にとって重要な政策課題です。しかし近年は、医師や看護師などの医療従事者が全国的に不足する傾向があります。

 下記のグラフは、市民千人あたりの医療従事者の数を比べたものです。市域の広さや周辺都市の状況が異なるため、単純には比較できませんが、本市の医療従事者の数は他都市と比べ、決して多くはありません。その分、医師や看護師などに、より大きな負担がかかっていることを示しています。

 本市も、市立看護短期大学を四年制大学化し学生定数も増やすなど、様々な検討を進めていますが、十分ではありません。グローバル化による感染症のリスクや高齢化の進展など、医療サービスのニーズはこれからさらに増大します。本市として抜本的な取組が必要であると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

犯罪は増えている?

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

犯罪は増えている?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載236回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法

4月15日号

ブースター接種は必要?

数値でみる川崎と高津 No.85 シリーズ

ブースター接種は必要?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月1日号

「市内の木材利用促進」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 67

「市内の木材利用促進」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月25日号

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月25日号

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

市政報告

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

公明党川崎市議会議員団 平山こうじ

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook