高津区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

40年以上にわたり主婦目線からの「住みよい街づくり」を標榜する 小黒 俊子さん 諏訪在住 70歳

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

「温かさ・優しさ・安全」を提供

 ○…結婚を機に、高津区に移り住んで40年余り。初めて二子橋を渡った時、当時一世を風靡するほどの人気を博したTVドラマ「岸辺のアルバム」と同じ景色を見ながら「ここで暮らすんだ」と、いたく感動。以来、地元の不動産屋を夫婦で切り盛りする一方で、より良い街づくりについて常に心を配ってきた。

 ○…主婦と不動産業を両立する立場で地域と対峙した際、大切にし続けてきたことは「温かさ、優しさ、安全を少しだけ提供できたら」という事だとか。そのために様々な講習会やセミナーなどにも積極的に参加して情報を収集。「町が整っていると防犯に繋がる」と聞き、ゴミ置き場をキレイにするなど、主婦目線からの具体策をコツコツと実践してきたという。

 ○…また、店舗を二子新地駅そばに移転してからは、商店街全体の事を率先して考え、行動してきた。全体的に道幅が狭く、ゆとりが少ない点に着目し、自店前にあるスペースの有効活用を発案。「買い物客に憩いの場を」という思いやりでベンチを置いたり、そこからよく見える位置に淡水魚が泳ぐ水槽を設置。「これが予想以上に子ども達に好評なんです」と嬉しそうに目を細める。

 ○…また、商店街の「U字溝の蓋」が凸凹で、大きな穴も散見されていたため「お年寄りが非常に歩きづらいんですよ」と本紙編集室に情報を発信。これが一つ発端となり、行政担当者が改善に向け調査を開始するなど見えない成果に繋がっている様子。「商店街の道を拡げることはできませんが、歩きやすい安全性があったらいいなと思いまして」と笑顔で話す。そこには、この地に仕事と家族を残し14年前に先立った最愛のパートナーと共に築いてきた”地域愛”のようなものを感じさせてくれた。

高津区版の人物風土記最新6

田原 田鶴子さん

nokutica(下作延)で個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮前区在住 65歳

11月26日号

友兼 大輔さん

川崎市子ども夢パークの所長を務める

友兼 大輔さん

溝口在住 41歳

11月19日号

山本 詩野さん

減災レシピジッパーの開発に協力した「溝の口減災ガールズ」の代表を務める

山本 詩野さん

久本在住 53歳

11月12日号

笠(りゅう) 秀則さん

川崎北税務署の署長に7月に着任した

笠(りゅう) 秀則さん

久本在勤 60歳

11月5日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

今成 研汰さん

全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会で優勝した

今成 研汰さん

橘中学校出身 19歳

10月15日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook