高津区版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.67 シリーズ 第3波到来、川崎の医療は? みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena

 11月に入り、本市も本格的な第3波を迎えています。新型コロナウイルス感染症第3波の特徴は、感染者数が急増しているだけでなく、高齢者の割合が高まっていることです。60歳以上の感染者の割合は、第2波のピークであった8月は概ね10%でしたが、11月ではすでに2割を超えており、感染者数も第2波の3倍を超えようとしています。

 下記のグラフは、感染者の状況を週別に示したものです。第2波における入院者数はピーク時で60名程度でしたが、11月末時点の入院者数は50名弱であり、まだ若干の余裕があるように見えます。しかし、第1波や第2波では、新規感染者数がピークを迎えた後も、2〜3週間は入院患者数が増え続けました。つまり、医療崩壊を起こさないためには、第3波をいかに早く収束させられるかが、極めて重要となります。

 海外では間もなくワクチン投与も始まるなど、明るい兆しも見え始めています。今こそ、不要不急の外出を避けるなど、私たち一人ひとりの取り組みが問われています。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

県政報告

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

市民のより良い暮らしを求めて

市政広告

市民のより良い暮らしを求めて

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

川崎の未来へ。動く、進める。

「令和6年」市制100年 未来に残す価値 100年後も存在する価値 新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク