高津区版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ 300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena

 新たな年を迎えましたが、いまだ「第3波」は拡がり続けています。新型コロナウイルス感染症は、多くの方が軽症や無症状で済む一方、わずか数日のうちに重篤化してしまう方もいます。とくに、高齢者や持病を持っている方はリスクが高いため、これらの方々の感染防止策は極めて重要です。

 下記のグラフは、川崎市における年代別の感染率と死亡率を示したものです。本市においても、死亡率は80歳以上で急激に高まることがわかります。しかし、注目してほしいのは、一人当たりの感染率は、どの年代でも大きな差はないということです。確かに20歳代ではやや高くなっていますが、重症化リスクの高い80歳以上の方々と、79歳以下の方々の感染率を比べると、どちらも約0.3%、つまり300人に1人がすでに感染している(感染した)、ということになります。現役世代も高齢者世代も、同じように感染が広がっているということであり、こうした傾向は、全国的にも同じです。

 残念ながら、リスクの高い方々の感染を重点的に防ぐという施策は、結果的にうまく機能していません。本市としても、改めて徹底的な抑制策をとらなければならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

県政報告

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

市民のより良い暮らしを求めて

市政広告

市民のより良い暮らしを求めて

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

川崎の未来へ。動く、進める。

「令和6年」市制100年 未来に残す価値 100年後も存在する価値 新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク