神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2024年5月17日 エリアトップへ

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長 山田 洋志さん 高津区在住 43歳

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

川崎の教育に新たな風を

 ○…「あの学校は先生が熱心」とか「荒れてるらしい」とか、学校の情報は「口コミ」が多い。そんな現状に「保護者や子どもに客観的な判断材料を提供したい」と、学校教育情報サイト「ガッコム」を開発・運営する。全国の保育園や幼稚園、小中学校の児童・生徒数やクラブ活動などの基本情報のほか、校則の詳細やトイレが和式か洋式かといったリアルな情報を、日々アップデートしている。

 ○…結婚のタイミングで2018年に東京・世田谷区から川崎に移り住み、子どもの誕生を機に、市内の様々な教育関連の取り組みに関わり始めた。川崎市が全国に先駆けて01年に施行した「子どもの権利条例」では、60以上の自治体の同様の条例をデータ分析。その結果、「子ども会議」の制度化など、川崎の条例の「充実度」が分かったという。

 ○…「データを見るとワクワクする」ことに気づいたのは慶應義塾大学時代。いじめが起こる環境や麻雀の勝敗についてもデータ分析してみた。卒業後はIT企業へ進むも、元来の探究心を抑えきれず約4年で退社、27歳で世界一周の旅に出た。1年で57カ国を訪ね、国際ボランティア活動にも参加したが、支援を続けても当事者の勤労意欲が続かず、善意が実を結ばない現場にも遭遇。「教育の大切さ」を痛感した旅でもあった。

 ○…6年目を迎えた川崎暮らしで、心はもうすっかり「川崎人」。昨年からかわさきFMでラジオパーソナリティにも挑戦中だ。「川崎以外でも教育関連の会に参加したけれど、川崎みたいなウェルカムな所は珍しい。このオープンさが、自分にフィットしている」。我が子が育ちゆく川崎の教育が、開かれたものであるように、情報の透明度を上げていく。

高津区版の人物風土記最新6

今 哲昭さん

食物アレルギー発症予防のため、簡単に少量摂取できる離乳食の製品化・普及に取り組む

今 哲昭さん

坂戸在勤 70歳

6月14日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区在住 80歳

6月7日

戸張 美音さん

国内最高峰の競技大会「日本女子アマチュアゴルフ選手権」に臨む

戸張 美音さん

北見方在住 14歳

5月31日

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook