多摩区版 掲載号:2012年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

元川崎フロンターレの選手で4月から新城高校の体育教師となった 箕輪 義信さん 麻生区在住 35歳

「出会いが人を成長させる」

 ○…川崎フロンターレの名ディフェンダーが新城高校で教鞭を執った。「まだ半人前にもなれていないけど先生と呼ばれると責任の重さを感じる。目の前の事を一つずつこなして一人前になりたい」。落ち着いた口調に熱い思いが見える。サッカー部の顧問としても汗を流し、「いろんな子どもたちが集まる公立校で自分の意志さえあれば目的を叶えられるということを教えたかった」と第二のキャリアをスタートさせた。

 ○…小学校低学年のとき津田山FCでサッカーを始める。「エリート街道とは逆の道を走ってきた」というように向丘中、現・弥栄高校とサッカーでは無名校に身を置いた。転機は大学時代。世界選手権に出場したことで、プロからの注目を受ける選手になった。1999年にはジュビロ磐田に入団。翌年、地元である川崎フロンターレに移籍すると屈強なフィジカルを生かしたディフェンス力で守備陣の要として活躍した。「すごく安心できる場所だった。いつかあの場所に教え子を送り出したい」

 ○…”なぜ教師に?”とよく聞かれるが、まだJリーグが存在してなかった中学生の頃からの夢だったのが「体育の先生」だ。ケガに泣かされ4度の手術を受け、現役続行か引退か悩む日々が続いたが「サッカー人生多くの人に支えられた。その感謝の気持ちや経験を後生に繋いでいくのが大事なことだと思った」。アスリートの中には引退後の人生に不安を持つ選手もいるというが、「変化してもいいという勇気」が第二の人生を開いてくれる。

 ○…妻と3人の愛娘と暮らす。「怪我した3年間家族とは毎日一緒にいたから」と教師として今度は休日返上で生徒たちと向き合う。「生徒たちは家族のようなもの」と話し、「時には厳しく時には優しく生徒たちの背中を押してあげられる父親のような存在になりたい」。そして「出会いが人を成長させることを伝えたい」と目を輝かせる。
 

多摩区版の人物風土記最新6件

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

村上 能立(よしたつ)さん

2017年度「第30回川崎市自治功労賞」を受賞した

村上 能立(よしたつ)さん

1月26日号

三上 峰緒さん

現役美容師で、「かわさきマイスター20年展」で最後の作品を展示した

三上 峰緒さん

1月19日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月12日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク