多摩区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

市議選県議選 両選挙とも現職に議席 トップは橋本氏と土井氏

政治

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 第18回統一地方選挙の川崎市議会議員選挙と神奈川県議会議員選挙が12日、投開票された。多摩区の選挙区は県議選、市議選とも現職が議席を確保した。市議選では自民党の橋本勝氏(40)がトップ当選を果たし、県議選では自民党の土井隆典氏(55)がトップ当選を果たした。

市議選9議席に13氏

 市議選は9議席を9人の現職と4人の新人の13人が選挙戦に臨んだ。

 トップで3期目の当選を果たした橋本氏は「限りある財源。現実を直視し、市民の生活にかかる諸課題に全力で取り組む」などと訴えて選挙戦を展開。自民党への追い風も受け、前回選挙の2位からトップに立った。

 橋本氏は「手応えのつかみにくい選挙だった。人口減少が進む中、どうやって持続可能な社会を作っていくのか、市民の皆さんには耳の痛い話をせざるを得ない面もあった。現実的なことを訴えてきたことが支持につながった」と話した。

 2位は全国的に票を伸ばした共産党の井口氏。5位だった前回選挙よりも1200票以上伸ばした。自民党の吉沢氏と廣田氏、民主党の三宅氏と露木氏、公明党の河野氏と菅原氏、共産党の斉藤氏も手堅く票を集め、再選を果たした。

 新人では、維新の党の田倉氏が初挑戦で4500以上の票を集めたものの、議席確保には届かなかった。無所属の井野氏と星野氏、新しい川崎の会の伊東氏は票が伸びず惜敗した。

県議選2議席に3氏

 県議選は2議席を2人の現職と新人1人が争った。

 トップで5期目の当選を果たした土井氏は、これまでの実績を踏まえて「安心・安全の地域づくり」を訴えて選挙戦を展開。前回選挙よりも700票以上伸ばした。

 土井氏は「県民の体感治安という点から地域づくりを訴えてきた。少子高齢化対策には健康寿命や高齢者雇用、中小企業の子育て支援などの施策が重要。票の重さを受け止め、責任と自覚を持って県政に取り組んでいきたい」と話した。

 民主党の青山氏は2期目の当選。共産党の新人の塩田氏は思うように票が伸ばせなかった。
 

多摩区版のトップニュース最新6

11校に昇降器具設置へ

多摩区予算案

11校に昇降器具設置へ 政治

資器材・全市2千万円

2月21日号

「まち協」12年 活動終結へ

「まち協」12年 活動終結へ 社会

課題解決・中間支援に貢献

2月21日号

特別教室 ウェブ予約に

中野島小

特別教室 ウェブ予約に 教育

市、施設活用へ試験導入

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

せせらぎ館に「支援」自販機

せせらぎ館に「支援」自販機 社会

売上で美化推進、県内初

2月7日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク