多摩区版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

日本民家園などでわら細工の伝承に尽力している 荒川 美津三さん 川崎区在住 86歳

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena

覚えている限りを残したい

 ○…日本民家園の「民具製作技術保存会」会員として活動し、数々の作品を作りながら他の会員にその技術を伝承している。自身の地元である桜本2丁目町内会館で行われる恒例の「しめ飾り」作りでも、中心的存在として、手取り足取り熱心に指導する。「2丁目の誇り。こんな人が地域にいるなんて」とは周囲の評。自宅の一角に構える3畳ほどのアトリエには、蓑や背中当て、草履、雪靴、猫つぐら等、数々の作品が並ぶ。

 ○…宮城県出身。農家の生まれで、男5人、女3人の8人兄弟のうちの5男。子どもの頃、農閑期に皆で集って手で縄をない、厳しい冬の必需品である履物や被り物を編みあげるのは当たり前で、わら細工とともにあった少年時代だった。20代前半で、市内の石油精製会社に就職。倉庫番として務めたのち、プロパンガスの販売職に就いた。75歳まで職を全うし、退職後にたまたま訪れた民家園で「わら細工グループ」と出会った。毎年しめ縄作りは欠かさなかったため完全に離れてはいなかったものの、入会してからは少年時代を思い起こしながら、夢中で作品作りに没頭した。

 ○…その腕前は、京都の太秦から映画関係者が教えを請い、千葉の佐倉から国立歴史民俗博物館の学芸員が技術を学びにアトリエに来るほど。だが、自身も技術向上に余念がない。昨年は十二支のわら細工を作る名人がいると聞きつけ、妙高高原まで習いに行った。「まだまだ若いよ。引退してゴロゴロしようなんて思わないからね」。

 ○…あす12月5日には、銀座三越で現在開催されている各地の正月しめ飾り展で、しめ飾り作りの実演をする。「イグサで編んだお手製の背負子をしょって、わらを手に持って銀座の街を歩くんだ」と、少年のような笑みをこぼす。「自分が覚えている限りのわら細工を、形にして残しておきたい」。これからも人生の多くの時間をアトリエで過ごすつもりだ。

多摩区版の人物風土記最新6

大石 千明さん

枡形中学校創立40周年記念実行委員会の実行委員長を務めた

大石 千明さん

生田在住 60歳

11月15日号

武井 慎一郎さん

川崎市ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支える

武井 慎一郎さん

高津区在住 53歳

11月8日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

麻生区在住 73歳

11月1日号

山田 大晟さん

専修大学ゴルフ部OBで、2019年度のプロテストに合格した

山田 大晟さん

相模原ゴルフクラブ所属 24歳

10月25日号

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク