多摩区版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

専修大学野球部の主将で、日本ハムへの入団が決まった 森山 恵佑さん 商学部4年 22歳

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena

好調は一瞬「満足しない」

 ○…今春のリーグ戦、神宮球場のバックスクリーンに放った140メートル弾がスカウトの目にとまり、母校の先輩・松井秀喜さんにちなみ「ゴジラ二世」とも称される。「野球を始める前から、プロは憧れの存在。長打とホームランを量産できる打者として、1軍定着を目指したい」

 〇…生まれは富山県。地元高校の野球部出身だった父親と9歳年上の兄のもと、小5のとき少年野球チームへ。左投げ左打ちの投手として頭角を現し、中学時代、石川県の星稜中学校を相手に無安打無得点試合を達成。指導者の耳に入り、星稜高校への道が開けた。プロへの道が具体化し始めた当時、「甲子園に行けたらプロ志望届を出そう」と決めたが、3年最後の夏は県大会決勝で敗れ、あと一歩で涙を飲んだ。

 〇…専修大学に進学後、2年時に就任した齋藤正直監督の「打ちたかったら俺についてこい」の一言で、心が動かされた。「(野球人生を)一度白紙にした」。打者転向後は経験のなさを必死に埋めようと、「いい結果は一瞬の喜び。現状に絶対満足しない」を合言葉に、上だけを見て練習に没頭。昨秋の新チーム始動時は主将の指名を受け、翌春の新入生を含め約130人の大所帯をまとめるリーダーになった。注力したのは「後輩に気をつかわせないように、学年に関係なく気持ちよく野球できる環境づくり」。大学最後の秋季リーグは「下級生たちの力を借りて1部に残留できた」と充実感をにじませる。

 〇…4年間通った多摩区の生田キャンパスは、どことなく思い入れがある。「自然が多くて、故郷に似ていて落ち着く。都会よりはこっちの方が好き」。自営業で農家も営む実家に帰ると、自家製コシヒカリを食べるのが密かな楽しみだ。「母が作る料理は米一粒も残すな、というのが父の教え」といたずらっぽく笑う。ずっと支えてくれた指導者や仲間、家族への感謝を胸に、北の新天地へ旅立つ。

多摩区版の人物風土記最新6

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク