多摩区版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

杉山神社、緑の保全地域に 「後世まで守りたい」

文化

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena
指定された杉山神社の樹林地
指定された杉山神社の樹林地

 西生田にある杉山神社とその周辺樹林が川崎市の「緑の保全地域」に指定された。枡形にある天神社鎮守の森や菅仙石にある菅小谷に続き、多摩区で4カ所目となる。

 同神社の社寺林として一体となった樹林地約0・7ヘクタールが、地域の貴重な自然的環境資源と認められた。今回の指定により市内で「緑の保全地域」に指定されたのは34カ所、合計約31・2ヘクタールとなった。

 緑の保全地域に指定されると、維持管理費として奨励金が交付され、新たな建築物を建設する際には、事前に行政へ届け出が必要となる。

 杉山神社を維持管理する宗教法人杉山社の責任役員代表を務める遠藤俊一さんは「(杉山神社は)地域の文化遺産として、後世まで伝えていかなくてはいけない。都市化された中でこれだけの緑が残っているのは珍しい。皆さんに愛される場所として、緑を含めて大事に守っていきたい」と話している。

 川崎市は市域の約88%が市街化区域のため土地の開発需要が高く、樹林地や農地は減少傾向にある。そんな市内の緑を守ろうと、川崎市は1995年に「川崎市緑の基本計画」を策定。今回指定した「緑の保全地域」の他に、小沢城址や生田寒谷、菅馬場谷などの「特別緑地保全地区」などさまざまな施策を定め、2017年までに272ヘクタールの緑地保全を目標に取り組んできた。

 1995年当初は約100ヘクタールだったが、2015年度には236ヘクタールを達成している。

 基本計画は社会情勢の変化に対応するため、2018年3月に改定を予定している。
 

多摩区版のトップニュース最新6

「広いお家」 思い形に

二ヶ領せせらぎ館

「広いお家」 思い形に 社会

たまずん水槽、寄付130万円

1月28日号

都市緑化フェア川崎で

市制100周年

都市緑化フェア川崎で 社会

正式決定 主会場に3大公園

1月28日号

区対抗ボッチャ、熱戦

老人福祉センター

区対抗ボッチャ、熱戦 スポーツ

多摩・麻生 初大会に24人

1月21日号

生田中生が仲間入り

川崎市寺子屋

生田中生が仲間入り 教育

枡形と稲田 3校合同に

1月21日号

生田緑地に看板第2号

向の岡工業高

生田緑地に看板第2号 社会

「戸隠不動口」 3年生が製作

1月14日号

火災8件増で年間42件

多摩区

火災8件増で年間42件 社会

2021年 市内は過去5年最多

1月14日号

「バンバンなら私もいける!」

【本店】1月20日リフレッシュオープン/新台入替/各店 駅近・駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook