多摩区版 掲載号:2017年9月29日号 エリアトップへ

多摩署 自転車事故多発に警鐘 昨年比27件増 啓発を強化

社会

掲載号:2017年9月29日号

  • LINE
  • hatena
車と自転車の衝突事故を実演=22日、南生田中
車と自転車の衝突事故を実演=22日、南生田中

 多摩区内で今年発生した自転車事故の件数が124件に上り、昨年同時期に比べ27件増加していることがわかった(9月24日時点)。これにより8月まで昨年比マイナスだった交通事故総件数もプラスに転向。多摩警察署は啓発活動を強化するなど、注意を促している。

 神奈川県交通安全対策協議会が定める「自転車交通事故多発地域」に6年連続で指定されている多摩区。9月24日時点の交通事故発生件数は388件(昨年比12件増)で、うち自転車事故は32%を占めた。特に8月に急増し、月別で最多となる24件の自転車事故が発生。多摩署では「夏休みで、遊びで自転車に乗る機会が多くなったことも影響したのでは」と分析する。

 急増を受けて、同署は先月20日から1カ月、区内の高校7校を対象に啓発活動を実施。通学路でチラシ配布や交通ルールの呼びかけを行った。しかし、9月に入っても事故件数は減少せず。同署は更なる対策として、幼稚園や保育所の送り迎えで自転車を利用する子育て世代の親に向けた啓発活動を計画中だという。

 区内の交通事故防止に努める多摩区交通安全対策協議会では、スタントマンが交通事故を再現する「スケアード・ストレート方式」の交通安全教室を2011年から区内の中学校で行っている。今月22日には、南生田中学校で実施。約480人の生徒や地域住民らが参加し、自転車のマナー違反による事故などの実演を目の当たりにした。参加した中尾華音君(3年)は「時速40Kmの速さを目の前で見て、インパクトがあった。乗り方やルールに注意しながら自転車を利用したい」と話していた。

 今年1月から8月までの統計によると、自転車事故の発生地域は宿河原が17件で最も多く、次いで登戸が15件。時間帯別では午前7時から9時が最多の27件で、午後4時から6時も26件と多い。多摩署では「駅周辺は道が平坦で、通勤通学時間帯の出会い頭事故や歩行者との接触が多い。事故の約7割は自転車側に違反がある。まずはルールを守って」と警笛を鳴らす。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク